無料ブログはココログ

« 庄原市、西城から東城へ時計回り(自転車篇) | トップページ | 7月に読んだ本 »

2011年8月 1日 (月)

地デジと県境

地デジ化で、徳島県ではアナログで10局が見えたのに、地デジ化すると、NHK2波、民放1波に変わることは有名です。
県境ではどうなんでしょう。
岩国では、広島の放送を受信するのが普通でした。
地デジ化後は、広島の放送は遮断されるのでしょうか。
福山尾道の島部では、テレビ東京系列のテレビせとうちを受信できるところもありました。
地デジでは、C-CAS カードをテレビ本体に挿入しなきゃなりません。
地域指定で、郵便番号を登録することになります。
自動的に受信可能の局の一覧が出てきます。
県外の局の受信は可能でしょうか。
放送免許は県単位なので、隣県から漏れてくる電波は受信不可となるはずです。
規定に従えばこの通りですが
実際のところはどうなんでしょう。
岩国の人々や、テレビせとうちを受信できた方々が、地デジ環境下でどうなったのか、知りたいもんです。

広島ブログ

« 庄原市、西城から東城へ時計回り(自転車篇) | トップページ | 7月に読んだ本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 庄原市、西城から東城へ時計回り(自転車篇) | トップページ | 7月に読んだ本 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31