無料ブログはココログ

« 代行と代理はどっちがエライか | トップページ | 鉄道好きがテッチャンなら、バス好きは? »

2011年9月 4日 (日)

アナウンサーの息継ぎの音

ラジオで、アナウンサーが息継ぎの音をたてるのが耳ざわりです。
シーとか、サーとか、一気に息を吸い込む音をマイクが拾ってしまいます。
スターウォーズのダースベイダーのように、フゴー、フゴーという音ではないにしても、いっぺん気になりだすと、もうラジオを続けて聞く気にはなりません。
某局のベテラン女子アナで、名前を言うと差しさわりがあるので、そこは内緒です。
ラジオだから気になるのです。
テレビなら、画像にまず目が行くので気になることはないのでしょう。
新人時代に、訓練をおろそかにしたまま、ベテランになってしまったのでしょうね。
鼻呼吸するとか、歯の隙間を調節するとか、喉を開くとか、方法があるだろうに、意識できないとは困ったものだなぁ。

広島ブログ

« 代行と代理はどっちがエライか | トップページ | 鉄道好きがテッチャンなら、バス好きは? »

コメント

NHKラジオの中国地方向けニュースを聞いていますが、NHK広島放送局のO氏はひどい。
放送中ずっと息継ぎ音の垂れ流し。

そうですか、ニュース番組なら、ニュースの内容を聞く準備ができていますので、聞き逃したのかもしれません。
シュッ、シュッ、あるいは、ヒッ、ヒッ、という音
たぶん、歯に空気が擦れる音だろうと思います。
新人のとき、かなり稽古に稽古を重ねたろうにと思うのですがね。

確かに、話している時のブレス音は気になりますよね。ラジオ番組では特に気になります。歌手が歌っている時のブレス音は、味わいとして聞けるのですが、話をしている時のブレス音は、不快に聞こえます。
大島花子さんのラジオ番組は、ブレス音満タンで個人的には不快感を強く感じますね。

やぁ、どうも。11年ぶりのコメントで、びっくりしました。
(大島花子さん)存じません。
東京のラジオですか。
エリア外なもんで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 代行と代理はどっちがエライか | トップページ | 鉄道好きがテッチャンなら、バス好きは? »

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31