無料ブログはココログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

迎撃せよ

「迎撃せよ」福田和代 角川書店
発端は、自衛隊幹部が防衛計画の不備を訴えて論文を書いた。
論文は無視され、責任を追及されて自衛隊から退職するのを強制される。
彼の息子は自衛隊の戦闘機乗り、父の論文を実証するために戦闘機の乗っ取りをはかる。
それが寸前でばれて、自殺する。
こんなことが数年前にありまして、ここからストーリーが始まります。
自衛隊の戦闘機が盗まれた。新型のミサイルを搭載している。
そのミサイルの一発が富士の樹海に撃ち込まれた。
北朝鮮の軍人が絡んでいることが明らかになってくる。
メガフロートを三台繋げて滑走路に仕立てているのだ。
そのメガフロートは東シナ海を航行している。
これ以上内容紹介は止めておきますね。
読み続けるのに難儀しました。
人物の書き分けがイマイチなので、このひと、自衛隊のどういう立場のひと、階級は、ひとつひとつ確認しないと読み進められません。
北朝鮮の軍人ですが、チャンだのソンだの、ごめん、区別がつかない。
読み始めて、ほんとは読みたいのですよ、しかし、なんとなく心進まなくて、読み終わるのに4週間かかりました。

読書メーター

広島ブログ

2011年10月30日 (日)

尊農攘夷

TPP論議で推進派のキーワードに
「尊農攘夷」があります。
破壊力のある言葉だなぁ。
反対派がこの用語を使えば、エゴイストにしか見えないし
推進派が使えば、尊皇攘夷のアナクロニズムと重なって、尊農攘夷のドグマが浮き彫りになってきます。
で、君は推進派かい、反対派かい、と聞かれても
決めかねています。
ただ言えるのは、家庭菜園程度の農業、自分が食べるだけの程度の農業、こんな農業は保護の対象ではないと思っています。

広島ブログ

「たちまち」は使わないよ

広島県の代表的な言葉で「たちまち」が出てくることが多いです。
たちまちとは、世間一般では、瞬間的に、とか、即座に、という意味
広島県では、とりあえず、こう意味なんじゃげな。
わたしは広島県北三次にいます。こんな意味では使わないなぁ。
あるいは、わたしの世代が旧世代、20代、30代ではその意味で使っているよ、こう言われたら、ああ、そうなの、と置き去り感をかみしめるしかありませんね。

広島ブログ

2011年10月29日 (土)

ID、パスワードの有効期限

ブログサービスで自分のページに入っていくのに
有効期限が設定してあるのか、再度、ID、パスワードを名乗らないと入れないところがあります。
経過日数なのか、頻度なのか、そこはどうなんでしょうねぇ。
割と頻繁に、ID、パスワードを名乗らせるブログサービスを列挙すると
@Niftyココログ、広島ブログ、読書メーター
ひょっとして
ブログサービスには、乗っ取られ防止のため、頻繁に名を名乗らせる仕組みにしてあるのでしょうかね。

広島ブログ

2011年10月28日 (金)

総務省の家計調査

ラジオのニュースでちょっと引っかかったんですがね
総務省の家計調査で、ひとり暮らし世帯を除いた家計調査と言っているんですよ
わざわざひとり暮らしを除外する理由がよくわからんのですよ
ひとり暮らしには、独居老人だけとは限らないし、若者でひとり暮らしは大勢いることだし
家計調査の正確性を求めるとしたら、ひとり暮らしを除くのが意味があることなのか、無意味なことなのか、訳が分からなくなってきました。

広島ブログ

GPS測量

近所で市道の工事がはじまるので、測量しています。
トランシットで見通して測量するだけじゃないのです。
えらく背丈の高いものを持ち込んでいます。
聞いてみると、GPS測量してるのだそうです。
三角点の測量でGPSを使っているのは見たことがありますが
普通の土木工事でもGPS測量をするとは知らなかったな。

広島ブログ

2011年10月27日 (木)

一方通行

芸能界のスタートが歌手だったりバンドメンバーだったり、転身して、俳優で有名になったタレントはたくさんいますが
逆に、俳優からスタートして、歌手で成功したひとはいますかねぇ
ギャップがあって、一方通行しか許さない何かがあるのでしょうかねぇ

広島ブログ

教会

昨日、自転車で斐伊川沿いを走っていて、○○教会前というバス停がありました。
教会?そんなものは見当たらないが?
よぅく探すと、出雲教会風の、天理教会風の、建物が奥にあります。
そうさなぁ、教会というと、まずキリスト教の建物を思い浮かべますよねぇ。
次に、出雲大社教、天理教、金光教、御嶽教、他にいろんな宗教が浮かんできます。
神社仏閣は教会とは言わないよなぁ。

Wikipedia によると
法的には教部省が明治6年(1873年)に公布した「教会大意」(宗教組織の設立規則。廃止)により規定された呼称。
法的には昭和15年の「宗教団体法」(廃止)に規定された呼称(宗教団体法以前は「教会所」と呼称。)。

なるほどね、キリスト教の教会も天理教の教会も括りとしては同じなんですね。

広島ブログ

2011年10月26日 (水)

島根の斐伊川、上流域(自転車篇)

新しいページの編集が終わりました。
一部、抜書きします。

県道は鳥取県へと直進しているが、そっちへは向かわない。斐乃上温泉、船通山の案内の方に進んで行く。
山間の中に、ヴィラ船通山、斐乃上荘が見えてくる。斐乃上温泉とは地域の総称だとしても、ヴィラ船通山、斐乃上荘とは区別がわからない。どうも同じ建物のように見えるんだがね。
川を堰き止めてわくわくプールがある。
斐乃上温泉の湯をわくわくプールに引き入れて、子供が水遊びできるようにしたのだそうな。
わくわくプールの先で、道がふたつに分かれているでしょう。
右へ行けば、鳥上滝のコース、斐伊川の源流、左へ行けば、亀石コース、流れの名は赤川、右が斐伊川の源流なんですよ。
ところが、立て看板が出ている。本日、資材運搬ヘリ飛行のため船通山立入禁止、ヘリポートにヘリコプターが発着するのでこの先には行けないようだ。
ま、そのへんは、2003年11月18日、「島根鳥取県境、船通山」を見てちょうだい。わくわくプールから右から入って船通山を登って左のコースから戻ったことがあります。
これで、斐伊川は河口から源流部まで全部遡上した。さぁて、横田まで戻るとするかね。

http://sherpaland.net/bike/2011/bike-111026-hinokawa_joryu/bike-111026-hinokawa_joryu.htm

広島ブログ

2011年10月25日 (火)

比婆山古道を行く

一部、抜粋します。
こんな内容です。

次の谷の頭が最後で、古い道標が見えている。道標には太鼓岩と記してある。写真を拡大したから読めるので、肉眼ではとうてい読み取れません。
太鼓岩とあるが、三角のおむすび様で、これを太鼓と見立てるかね。どう見ても太鼓には見えないよ。太鼓岩の前には祠が鎮座してある。
太鼓岩とは言葉が遷移したのではなかろうか、もともとは、太古岩とと言ったと言い換えたらどうだろう。
太古からある岩で、何事のおはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる、要するに、 なんかええな、感じるものがあるね、そういう岩なんじゃなかろうか。
この先に、産子の岩戸があるのだそうな。
全景がこの姿、接近すると、うへぇ、これはまさしく産子の岩戸だ。おまんちゃんそっくりじゃないか。
イザナミ、イザナギの愛と憎しみの神話はこの岩からストーリーが膨らんだのだろうね。
あなにやし(あらすてき)、えをとこ(ええ男)を、あなにやし(べっぴんさん)、えをとめ(ええ乙女)を、そこで、みとのまぐはひに誘われるわけです。
国産みの神話を思い出してちょうだい、ここからぼろぼろと、国土が、神々が生まれてくるんですよ。
神話のストーリーがあったから産子の岩戸をここの指定した。そうではないでしょう。岩がそっくり過ぎているから、連想が湧いて、次々と神話のストーリーを紡ぎ出してきたんでしょう。
引き返して、比婆山のメインコースの上に出た。ここは比婆山御陵から一段下がった境内の庭地のようなところだね。
進むと、鎖で閉ざされている御陵の聖地がこの中にある。イザナミをこの地比婆山に埋葬した、そういう神話伝説があるんですよ。
御陵というと皇室の関連なのかい?それどころか、皇室誕生以前の神話伝説の時代なのだよ。高天原から国土創生プロジェクトチームが派遣されたと考えてちょうだい。

http://sherpaland.net/report/hiba_ym5.htm

広島ブログ

2011年10月24日 (月)

GPSの受信状態が悪いので

今日は比婆山を登ってきました。
ページ編集する前に、ちょっとドタバタがありました。
今日はGPSの受信状態が悪かったのです。
出発から現在位置を間違えて把握しております。
30分後には正常に復帰しましたが、そのエラーを修正しないと使い物になりません。
幸いにも、往復同じコースを動いています。
時間軸はそのままで、位置情報は、帰りのログから登りのログに書き換えました。
前準備の作業でえらく手間を取られてしまいました。
ページ編集は明日することにします。

広島ブログ

2011年10月22日 (土)

アボカドか?アボガドか?

アボカドが正しいのか?アボガドが正しいのか?
Google で検索してみましょう
アボカド 2,030,000件
アボガド  801,000件
アボカドのほうが多数派で、こっちが正しいようですね。
でも、なぜ、アボガドと最初に覚えてしまうのでしょうね
それは、おそらく
アボガドのほうが舌を動かす回数が少ないから
アボカドと発音するには、舌を上口蓋に押し付けて離す動作が加わります
最初は楽に楽に発音できる言い方を覚えて
学習した結果、アボガドをアボカドと覚えなおすんじゃないでしょうか

広島ブログ

格付機関はどこで儲けているんだろう

S&Pとかムーディズとか、格付け機関がありますよねぇ
あれはどこから利益を得ているんでしょうね
いろいろ考えていると
こりゃぁ、受験のテスト業界と同じだ、進研ゼミとか四谷大塚と同じなんですね
受験生から受験料を得る、格付けしてあげるから受験料をよこしなさい、そういうことなんですね
現役当時、JISやJASとは無縁だったが、ISOを得るようにがんばったことがあります
ISOを得るにはけっこうな受験料が必要でした
まぁ、それと同じだと考えると
受験料を払っているのに格付けが下げられる、忍び耐えなきゃならないとは気の毒ですよね

広島ブログ

2011年10月21日 (金)

ディアゴスティーニ

CMで、会社の名前がジングルで流れて、えぇと、なんちゅう名前だったかいな、聞き取りにくい名前の会社です。
ディアゴスティーニ DeAGOSTINI
どうです、このように書き留めたら歌えるでしょ。
百科事典のばら売りのような、組み立てキットを売っているような
そんな本を売っております。
最新シリーズは 赤毛のアンの家
欲しい人はくすぐられるのでしょうが、わたしには、こちょこちょしても感じません。

思い出してみると、以前にもネタにしたように思います。
再登場です。

広島ブログ

2011年10月20日 (木)

マニアのひとびと

ラジオを聞いていてのことなんですがね
話題は、B級グルメ、蒜山やきそばについてなんです
真庭のひとびとは、真庭のひとびとは
こういう意味で話しているのですが
マニアのひとびとは、マニアのひとびとは
このように聞こえて、にんまりしてしまいました
三万人か四万人か、蒜山やきそばを食べるマニアなひとびとを想像してしまいます

広島ブログ

2011年10月18日 (火)

島根の斐伊川、中流域(自転車篇)

前回、斐伊川の下流域を巡りましたが、今回はその続きです。
ダムをみっつ遡るので、けっこうハードでした。
ダムに添う道は必ずトンネルを抜けなきゃなりません。
怖い、怖い、トンネル擁壁沿いの犬走りを走るのに、幅を踏み外さずに通り続けるのはなかなか難しい。
うかうかすると、車道に落ちてしまう。そこへトラックが来たならば・・・・・
旧道があれば、通行禁止であろうとそっちを選ぶことになります。
奥出雲町の横田まで進みました。
この先は、上流部と呼ぶべきか、源流部と呼ぶべきか、次回はそっちになります。

http://sherpaland.net/bike/2011/bike-111017-hiyikawa_churyu/bike-111017-hiyikawa_churyu.htm

広島ブログ

2011年10月17日 (月)

Tarzan、今月の特集は自転車

雑誌 Tarzan、今月の特集は自転車です。
最強のフィットネスマシン、自転車でカラダを絞る!
昨日買ったばかりでまだ読んでませんが、これからね。
去年のこの時期にも、自転車の特集がありました。
最強フィットネスマシン!自転車Q&A
自転車の専門雑誌もあるが高いもの、年一回のこっちでOKです。

広島ブログ

2011年10月16日 (日)

独自ドメインとサーバーアカウントの延長が完了

これはただの私的メモなんです。
独自ドメインとサーバーアカウントの使用期限が11/16まででした。
毎年、延長する段取りと支払について混乱して、常にドタバタドタバタしております。
今年は早めに作業を行って、経過を図表にして、どこを更新するのか、ポイント表示してメモに残しました。
これで、来年への対策はバッチリだ。
そんなに面倒なドメイン屋さん、貸サーバー屋さん?
毎年、穴が開くほど書いてあることを読み込まなきゃならんのですよ。
ValueDomain.com という名前です。
ドメイン料もサーバー料も安いのですが、丹念に読んで読んで自分で解釈しなきゃならんので、お勧めです、とはよう言いません。

広島ブログ

中央で大立者になったら、ローカルはどうするか

わたしが身を寄せている広島ブログで、発見して以来、ひたすらランキングを下げているブログがあります。
それはどこかって?
言えるわけないじゃありませんか。
クリックしたよ、せっせとマークを印しても、わたしのページを読んでくれることがないので、最近は読み捨てです。
ブログ村や、ブログランキングなどの、ジャンル別それぞれで、高い位置をマークしているので、ローカルなところは振り向かない、とみえます。
ほとんど毎日更新しているので、読みには行っていますが、クリックしたり、コメントしたりすることなく、そのまま立ち去っています。
ブログ主は、ローカルランキングがどんどん下がっているのに気が付いているのでしょうかね。
たぶん、知らないのだろうと思いますよ。

広島ブログ

そばは頭が高い

そばとうどんを比較すると、そばのほうが高級そうな雰囲気を漂わしております。
うどんで千円を越えるメニューはなかなかないが、そばにはあるんです。
信州長野で街道沿いのそばやで、さんざん待って、味のほうは、値段からするともっとうまくてよさそうなものを、と感じたことがあります。
うどんの場合、味と値段は必ず釣り合っています。
だいたいね
誇らしげに、そばとこんにゃくを自慢している産地、そこはそばとこんにゃくしか採れないのですよ。
土地が荒れていたり、気候が冷涼すぎて、ほかの作物がうまく育たないのです。
そんな貧乏作物が高級メニューになる、どこでそんなイメージチェンジしたのか、探ってみたくなります。

広島ブログ

2011年10月15日 (土)

スジとアジ

小説が面白いか面白くないか、ということですがね
スジが良ければ面白い、とは限らないようです。
構成がカッチリとしていて、起承転結がうまく運ばれていて、さぁ、おもしろいか、ちょっと違う作品もあるんですよ。
アジの問題です。味付けが足りているか足りないかという問題です。
お話しの始めが肝心なんですよ。
ぐっと読み手のハートを握りしめてくれれば問題ないのですが、文字が目の前を流れていても、脳のなかに入ってこない、そういう作品もあります。
逆に、アジはたっぷり、スジはめちゃめちゃ、こういうのもありますが、それはコントですね。

広島ブログ

2011年10月14日 (金)

既読のページ、色が変わらない、もう一回掲示

2011/09/28(Wed)に「既読のページ、色が変わらない」という内容をアップしております。
解決策は、インターネットオプションで、閲覧の履歴を削除すること

半月も経っていないのに同じ事態に陥るということは
OSがXPからWindows7に変わろうとも、改良が施されているとは思えません。

何をそんなにイライラしてるの?解決策を知っているなら自分で直せるでしょうが。

そりゃまぁ、そうなんですがね。
前に読んだのに、一向に色が変わらず、既読にならないのは心落ち着きませんね。
既読か未読か、この判定にはバグがあるのだと諦めてしまいましょう。

広島ブログ

借地と貸家

借地とは借主から見た立場
貸家とは大家から見た立場
逆に言うと
貸地とはあまり言わないなぁ
借家とは言わない、いや、しゃくやと言う場合はあるな
ともかくも
馴染んだ言い方、こなれた言い方、があるんですよ
ものの言い方が社会通念に沿っていれば、咎められることはありません
馬鹿にされたり、無視されたりの場合は、どこかが違っているんですよ

広島ブログ

2011年10月12日 (水)

不適切でした

政界、官僚の謝罪の言葉に、不適切でした、こういう言葉があります。
彼らにしてみれば、断腸の思いで口にしたのかもしれません。
遺憾に思います、と同じようなもんです、謝罪の言葉、ミスを認める言葉とは受け取れません。
彼らの謝罪の言葉、ミスを認める言葉に、恐らくグレードがあるはずです。
普通、上級、最上級
不適切でした、とはどの程度のグレードなんでしょう。
庶民の世界では、おざなり、ほんき、平謝り、この程度のバラエティはあるんですよ。
彼らの世界では、上級、最上級はないのかもしれないね。

広島ブログ

島根の斐伊川、下流域、中流域(自転車篇)

ここんとこ、川の流域をつぶさに走り回るのがマイブームになっております。
島根県の川で、神戸川、佐陀川、大橋川を踏査しております。
斐伊川が残っています。
斐伊川の下流域、一部、中流域にもかかっているかと思うのですが、どこからどこを、下流域、中流域と言うのか、どうなんでしょうね。
神戸川で、斐伊川からの放水路を受けるため、大規模な工事をしていましたが、斐伊川側でも掘削工事が進行しております。
写真に撮ったの?
いやぁ、大きなパネル、塀が立ててあって、工事現場は覗けないようになっております。ケチ!
雲南市の三刀屋で折り返すことにしました。
次回はここから上流域にさかのぼることにします。

http://sherpaland.net/bike/2011/bike-111011-hiyikawa_karyu/bike-111011-hiyikawa_karyu.htm

広島ブログ

2011年10月10日 (月)

サブのPCが音声を失ったこと

いつのまにか、サブのPCの音声が出なくなりました。
起動音、終了音さえ鳴らなくなりました。
こんなことはちょいちょいあるので、驚きはしませんが
本気で原因追及をやってみました。
いろいろあるチェックポイントで、ミュートになっていないか。
該当機はWindowsXPです。
コントロールパネル→サウンドとオーディオデバイス→音量のところで
ミュートにチェックが入っています。
チェックを外してみました。
音が復活しました。

不思議なこと、わざわざミュートにチェックを入れた覚えがない、コンロールパネルを開いた記憶もない。

取り戻したからええけれど、狐に化かされたような、雲に包まれたような、もやもや感の中におります。

広島ブログ

鎮守の祭り

昨日が祭りでした。
いちんち中世話してくたびれてしまった。

四年間、祭りの総代を務めることになりました。
去年は何もしなくてよかった。前年が当番だったから。四年ごとに当番が回ってきます。
今年は神楽の花の受付するのが役割でした。
来年は神社への初穂料の受付をすることになっております。
再来年、いよいよ祭り当番。
太鼓の隊列が練り歩き、神輿を担ぎ、神輿を警護して祭具武具の隊列を運びます。
さぞかし、再来年はもめることでしょうね、氏子が高齢化して祭りの規模が維持できないのですよ。
今年の太鼓の隊列はうんと少数の隊列でした。

広島ブログ

2011年10月 9日 (日)

船の数え方

大型船は隻、小型船は艘
これらはエンジンのある船です。
エンジンのないもの、いかだ、桟橋、メガフロート
これらを数えるにはどんな助数詞で唱えるか?
枚、一枚、二枚と数えます。
かきいかだ、材木のいかだ、一枚、二枚で納得でしょう。
滑走路ほど巨大なメガフロートでも、一枚、二枚と数えます。
石油プラットフォームはどう数えるの?
据え付けたなら、一基、二基でしょう。
そうではなく、海上輸送中の石油プラットフォームの数え方を聞いているのでしょ?
なんぼぷかぷか浮かんでいても、本来の用途は据え付けてからのものだから
輸送中でも、一基、二基でしょう。

広島ブログ

2011年10月 8日 (土)

共鳴

「共鳴」堂場瞬一 中央公論新社
ひきこもりの若者がいます。
突然、祖父にちからづくで連れ去られてしまった。
祖父は退職刑事、今は警察アドバイザーとして地域に協力している。
スーパーで、崩れた高校生と知り合う。
ドロップアウトした原因は、祖母の介護に疲れて父が祖母を殺したのではないか、その疑問からなのだ。
若者も似たようなこと、祖母の介護を切り上げえるため、父が祖母を殺したのではないか。
祖父はスーパーマンのようだ。
並行した事件に、ヤクの密売事件がある。
中国人の留学生の女の子とガソリンスタンドの青年が行方不明になった。
その端緒をつかんだのも、ヤクの黒幕の人物を指定したのも祖父だった。
ひここもりの若者を叩き直すのに、みかけは乱暴だが、実に効果的な指導を行ったものだ。
堂場瞬一は、警察小説とは違うな、退職刑事のストーリーのジャンルを開拓したのだ。

読書メーター

広島ブログ

何らやましいことはない

何らやましいことはない
民主党大物議員のお言葉ですが
「やましい」
こういう言い方は、わたしはしないなぁ。
「後ろめたい」
わたしの言葉ならこう言うかなぁ。
後ろめたい、気がかり、引っかかる、心が曇る
同類の言葉はいろいろだが「やましい」この言葉はたぶん一生使わないだろう。

広島ブログ

2011年10月 7日 (金)

涅槃の雪

「涅槃の雪」西條奈加 光文社
初期のころのロマネスク、伝奇小説から、ちょっとマトモの方向へ方針転換しております。
それがええかもしれないね。びっくりするほどの嘘話しはそんなに次から次へと繰り出せるもんじゃないからね。
主人公は北町奉行所の与力、北町奉行の遠山左衛門尉、南町奉行の矢部定謙、ふたり共同で老中水野忠邦の締め付けに抵抗する。
抵抗が過ぎて、矢部定謙は罷免され、後任に鳥居忠耀が任命される。
ほどなく、遠山左衛門尉も北町奉行から大目付に昇進するが、これは老中水野の差し金なわけです。
後年、老中水野も鳥居忠耀も失脚するが、これは巻末あたりでの出来事です。
隠し売女取締りで、女のひとりを屋敷に置くようにと、遠山奉行から命じられ、これはずっと、プライベートな緊張が最後まで続くわけです。

茶番白洲:隠売女大手入
雛の風:奢侈禁止令
茂弥・勢登菊:寄席取払申付
山葵景気:株仲間解散令
涅槃の雪:芝居町所替
落梅:人返し令
風花:天保改革の終焉

読書メーター

広島ブログ

小沢検察審査会裁判

前にも疑問に思って掲示して、もういっぺん掲示するんですがね
来年春(4月でしたかね)には判決が下るようです。
小沢敗訴なら、小沢側は必ず上告するでしょう。
小沢勝訴なら、指定弁護士は上告するんでしょうか。
ここからが疑問です。
上訴審の指定弁護士の報酬はどうなるでしょうか。
この裁判にかかりきりになるでしょうから、弁護士は並行して他の仕事はできないでしょう。
こんな条件で引き受ける弁護士がいるのでしょうか。
最高裁まで行くとしたら、その間、弁護士はどうやって食っていけばええのでしょうか。
ダイジョウブ、充分な報酬を保証すればええよ。
それでええんですか。
検察官に給料を払って、なおかつ、さらに報酬を払うのはどこかヘンじゃありませんか。
第二審、第三審にまで指定弁護士に頼るのは、気持ちが落ち着きませんねぇ。
ボランティアじゃない、きちんとした報酬を払ってある、法務省はアナウンスすべきです。
だとしたら、スタートに帰ってしまうんですが、重要な裁判に関与しない検察とは何なんだ、モヤモヤは残ったままです。

広島ブログ

2011年10月 6日 (木)

タブレットを知った経過

1、受験英語で英単語を覚えるのに、まず、錠剤、これがタブレットを知った最初。10代のころですね。
2、鉄道用語、単線区間で通れる認証が入ったポーチ状のもの、大きな針金の輪がついているのが普通、車両が擦れ違う駅で車掌が交換します。20代で知った。
3、お絵かきタブレット、電子版のホワイトボードみたいなもんですね、マウスでお絵かきするかわりに買いました、今ではどこかに仕舞ったまま、使っていません。ざっと10年前に求めました。
4、コンピューターのタブレット、ポータブルで、キーボードが付属しないモニターだけのもの、ここ数年で知りました。

tableが最初にあって、tableの縮小形がtablet、語源はこうだと言うのだが
コンピューターのタブレットはtableの展開としては納得します。
鉄道用語、錠剤、これらがtableの縮小形だとは、ちょっとねぇ、納得できるのは英語圏のひとだけでしょう。

アップルのジョブス氏が亡くなって、iPadを持ってプレゼンテーションしている姿がニュースに出て、タブレットについて思い出しました。

広島ブログ

地色を変える、その2

前に、変な地色の上に書かれた文字は読みにくい
変えてしまえ、という内容でした。
次に出た問題、ネットを巡っているうち、地が写真で、写真の上に文字が書いてある、これは読みにくいよ。
------
インターネットオプション→ユーザー補助→書式設定
ここで、WEBページで指定された色を使わない、ここにチェックを入れる
OKと入れると、地色が無地になって、きわめて読みやすいです。
------
そんなことをするより、自己中心的なブログは読まずにパスすればええがな。
そうよね、そのアドバイスのほうが当たっているかな。

広島ブログ

この略称、わかりますか

本日の記事
時事ドットコム:日系大手損保が入札参加へ=英HSBCの損保売却で、来週にも実施
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2011100500878
英金融大手HSBCホールディングスが損害保険部門の売却に向け、来週にも買い手を選定する入札を実施する方針を固めたことが5日、明らかになった。国内損保大手MS&ADホールディングスと東京海上ホールディングス、NKSJホールディングスの3グループも入札参加を検討している。
国内損保大手は円高メリットを生かし、アジア進出の加速を目指している。国内外の証券会社を助言役として、HSBCの損保部門買収効果の算定に入った。(2011/10/06-00:04)
--------
MS&ADホールディングス:三井住友海上グループ、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社など
東京海上ホールディングス:東京海上日動、日新火災など
NKSJホールディングス:損害保険ジャパン、日本興亜損害保険、セゾン自動車火災保険など
えらく名前が変わってしまって、一昔前の損保会社は、どこに属しているのか、どこと合併したのか、判断できません。

HSBCホールディングス:香港上海銀行、本店はロンドンにあります。香港では匯豐銀行という名前、日本では香港上海銀行という名前、グローバルにはHSBCという名前が一般的です。

広島ブログ

2011年10月 5日 (水)

三次の高谷山、ヒルクライミング、一周(自転車篇)

高谷山に自転車で登ってきました。
たいがい、なんとか自転車から下りずに登りきるものなんですが、息が切れて、果てた、自転車から飛び降りてしまいました。
立ち漕ぎで、ジグザグに道を取って、ついふらりと下りの方向にハンドルが向かってしまう、立て直しているうちに、よろけて落ちなきゃしょうがない。
登りは、けっこう体力を使いましたが、下りは楽なもんです。
もっと時間を要するだろうと思っていましたが、あんがい早く出発地点まで戻りました。
どうも自転車のコースは時間が読みにくい。

http://sherpaland.net/bike/2011/bike-111004-takatani_ym/bike-111004-takatani_ym.htm

広島ブログ

ピスト自転車の罰金・点数

ブレーキのないピスト自転車を使ってるということで芸人が検挙されました。
さて、そこで
罰金はしょうがない。誰もが平等に払わなきゃならない。
点数はどうなるんだろう。
歩行者・自転車の運転免許はないから、このひとには点数の加算はない。
運転免許証の持ち主なら、点数は加算されるだろうなぁ。
ええのかいな、法の下の平等はどうなっているんだろう。
さて、かの芸人、点数が加算されたでしょうか。
場合によっては、免停の点数を越えたかもしれない。
歩行者・自転車の違反は自動車運転免許に及ぶかどうか、教えてほしいもんです。

広島ブログ

2011年10月 4日 (火)

米の値段

米の値段が上がっているようです。
先月、ラジオで聞いた話しなんですがね
今、米が上がっているでしょ、新米のご祝儀相場だから上がっているのです。
年末から年始ごろ、新米の効果が消えるころには値段は元通りになってきます。
なぜならば
そもそも消費量より生産量が多いのです。需要供給の原則で、いつまでも米の高値が続くはずがありません。
だそうです。
福島県産の米が市場に出回らなくても、それでも消費量より生産量が多いのです。
買い急ぎ、買占めなど、なさらないように。

広島ブログ

2011年10月 3日 (月)

当確への布石

「当確への布石」高山聖史 宝島社
この前読んだのが選挙話し、続けて選挙のお話しが読みたいな。
宝島社の「このミステリーがすごい!」大賞の優秀賞なんだそうです。それならハズレということはないだろう。
宝島社、幻冬社の本ならエンタテインメントとして面白い、これほんとです。
決して手にしないのが文芸社、自費出版の会社だから、ビジネスモデルが違う。売って儲けるのじゃない、作者から儲けているのだ。
衆議院選挙区で補欠選挙があります。セックススキャンダルで代議士が辞職したのです。
そこへ立候補したのが、大学準教授、性犯罪の被害者のケアをするのがテーマのひとです。
勝手連で、凶悪犯罪抑止連合会と称する団体が勝手に推薦をする。
元受刑者の近所で、彼の犯歴を暴くビラが近所に撒かれる。それがあちこちで多発する。
凶悪犯罪抑止連合会の仕業らしい、推薦どころか、足を引っ張る行為だ。
選挙戦が始まる。
ここから先はストーリーを披露するのは止めます。
新人ですよ、小説コンテストに応募したばかりのカケダシですよ。
詳しいね。
選挙運動の立ち上げ、敵情視察、マスコミへの対策、うん、まぁ、これは知ってなきゃ選挙小説は書けないことだね。
性犯罪被害者への心療内科、治療の描写などはどこで得た知識なんだろう。

読書メーター

広島ブログ

2011年10月 2日 (日)

MSペイントが進化した

専門のペイントソフトと比べての、マイクロソフトペイントのことなんですがね
アクセサリーに収容されているペイント
WindowsXPの時のペイントとWindows7のペイントとはだいぶ違います。
専門ソフトは、わたしはペイントショッププロを使っております。(買収される以前ですからだいぶ昔のバージョンです)
使っている設定を崩したくないから、ちょっといじる程度の作業はペイントを使っております。
Windows7のペイントはWindowsXPのペイントとはちょっと違う、違っているけど、進化しております。
思えば、WindowsXPまでの過程で、マイクロソフトペイントはほとんど進化していなかった。
Windows7になっても違わないだろうと作業にとりかかったが、段取りがえらく違うので、慣れるのに時間がかかりました。
いまのペイントのほうがええ。
WindowsXP時代のペイントは、しゃぁない、思うようにならんけどこのへんで妥協しとこう、その程度のものでしたもの。

広島ブログ

カウントダウン

「カウントダウン」佐々木譲 毎日新聞社
当然、北海道警察が舞台の小説だろうと思って手に取ったんですよ。
違うなぁ、選挙のお話しだ。
夕張市の隣の市で、幌岡市、架空の市ですね。
今の市長が20年市長を続けていて、次の市長選挙にも出ようという勢いです。
主人公は市会議員一期生、議会で質問するのは、彼と共産党議員の二人だけです。
市の財政は悪化しているに違いないのだが、市長はそれを明らかにしないし、議会も市長と足並みをそろえています。
市長に立候補してほしいと要請もあり、選挙戦に突入します。
当然、当選するわけです。
焦点は、なんで市の財政が悪化したのか、悪化している意識が欠けているのか、自分が責任者・当事者である感覚が持てなかったのか。
これは読み始めると、時間を忘れますね。夜中の二時三時になっても、ページを閉じてもう寝ようか、なかなかその気になりません。
ひきつける力がうんと強いものがあります。

読書メーター

広島ブログ

2011年10月 1日 (土)

9月に読んだ本

9月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2503ページ
ナイス数:24ナイス

サヴァイヴサヴァイヴ
チーム・オッジでは、最初のキングは久米、二代目のキングが石尾、三代目のキングが白石、アシストには赤城などがいる。「老ピプネンの腹の中」白石がポルトガルのチームにいて、フランスでのレースのお話し。「スピードの果て」チーム・オッジの五代目のキングは伊庭なんだろうな、四代目のキング(名前不詳)との確執のお話し。「プロトンの中の孤独」石尾が初代のキング久米に代わって二代目に代わる節目、赤城がサポートする。「レミング」二代目のキングを争って、石尾と安西の戦い。「ゴールよりももっと遠く」石尾はチームを離れる時期にきて
読了日:09月30日 著者:近藤 史恵

神去なあなあ日常神去なあなあ日常
神去とは神去村のこと、林業の村、なあなあとはなあなあ、説明不要、日常とは、神隠しや祭りが終わっての日常のこと。地の文章がモノローグで、常に語り掛けられているようで、緊張感皆無で読み進められる。横浜の高校を出て、フリーター暮らしに入るところを、三重県の奥山の林業地にさらわれる。さらわれたのじゃないよ、でも、本人の意識はさらわれた感覚なのだよ。住めば都、意外に居心地がええので、住み着いてしまう。山仕事して寝るだけの日常だが、子供が行方不明になる、神隠しにあい、山の中で発見される、こんなこともある。里宮の祭りも
読了日:09月28日 著者:三浦 しをん

財務省の階段財務省の階段
政治経済を舞台に、ホラー小説、怪談です。「議事堂の穴」:国会議事堂に人を吸い込む穴がある、深夜のある時間帯に。「日本銀行の壁」:日本銀行の金庫室から何かの物音が聞こえる。「金融市場(マーケット)の窓」:債券相場で上げ下げの相場が動く瞬間。「財務省の階段」:満州国財政運営関係資料、それを読んだらそれから。「ニュースの枠」:ニュースキャスター、これで何代目、ところで、最初のキャスターはどうなったのだ。「幹事長室の扉」:幽体離脱、体外離脱。ある瞬間、気を失って自分が自分じゃないような気がする。それが高じてついに
読了日:09月25日 著者:幸田 真音

やぶへび (100周年書き下ろし)やぶへび (100周年書き下ろし)
主人公は元刑事、癒着がばれて、警察をやめた身の上なのだ。警察から呼び出しがくる、あんたの奥さんを引き取ってくれ。実は、偽装結婚なのだ。中国人を妻にしているが、一緒に住んでいるのではないし、会ったこともない。病院にいて、逆行性健忘症、自分がだれかも解らないらしい。しょうがなく、引き取る。だんだんと解ってくること、この女は上海の黒社会のボスの娘らしい。ボスは、上海から引退して日本に移住することを図っていたものらしい。すでに多額の財産を日本に移しているのだそうな。それを目当てに、上海の出先、日本のやくざが絡んで
読了日:09月18日 著者:大沢 在昌

噛む犬 K・S・P噛む犬 K・S・P
K・S・Pとは、歌舞伎町特別分署のこと、噛む犬 K・S・Pの3作目なんだそうです。ビルの植え込みの中から白骨死体が発見された。死体は、警視庁捜査二課の刑事で、2年前に失踪した女の刑事だった。捜査を始めると、不可解なことが多すぎる。捜査二課が資料をかっさらっていく。署長からは、捜査の範囲を制限される。警察官僚の天下り先で捜査資料の漏えいが明らかになってくる。捜査の妨害をするのは、天下り先企業と警察官僚の癒着が明らかになるのを逸らせるためのものだった。最後は、上層部の圧力を跳ね返して、癒着を明らかにします。
読了日:09月16日 著者:香納諒一

ちょちょらちょちょら
兄が切腹して部屋住みから引き継いで江戸留守居役に就任する。中小藩の留守居役は組合を作って交際を重ねよしみを通じて他藩の動向から後れを取らないことにある。江戸城内の表坊主に主人公は気に入られた。そんなツテで、近々、印旛沼の干拓工事が始まるとの情報を得る。主人公は、お手伝いからの総抜けを図り、各層の組合を通じてそれぞれの藩が、抜け=辞退、が徹底されることを目指していく。自藩さえよければええのが留守居役の本性、さらに、新米の留守居役に主導権を取られるのが気に入らないのも本性。この外交交渉うまく纏まりますものやら
読了日:09月11日 著者:畠中 恵

優しい会社優しい会社
安達元一は放送作家、彼が本体を執筆、神田昌典は経営コンサルタント、前書と解説を担当。現代(2010年)と過去・未来を行ったり来たりするタイムトラベリングのお話し。1964年、春の時代、高度成長時代、技術革新に伴い、必ずものが売れた時代。1988年、夏の時代、バブル真っ盛りの時代。1946年、冬の時代、敗戦直後で復興に向かう時代。2010年、秋の時代、閉塞の時代。2016年、冬の時代、ふたたび復興に向かう時代。2010年、1964年、2010年、1988年、2010年、1946年、2011年、2016年と
読了日:09月05日 著者:

誰も書かなかった「反日」地方紙の正体誰も書かなかった「反日」地方紙の正体
共同通信と各県紙について指摘してあります。地方新聞社の社員はそれぞれの地方で別格の扱いに慣れ切っています。勉強したり磨いたりするのに、他社と比較することは少ないです。そこで有効なのが共同通信、社説のひな型まで配信してくれるのです。しかし、その内容は偏向していて、大きな危険をはらんでいます。他県の地方紙と比較されることがないので、同じ内容の社説があちこちの地方紙に掲載されるのです。あまりの内容に、読み進める気も消えてしまいました。内容に反発して読み進める気がなくなったのじゃありません。地方紙があぐらをかいて
読了日:09月02日 著者:

2011年9月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

広島ブログ

絆回廊 新宿鮫Ⅹ

「絆回廊 新宿鮫Ⅹ」大沢在昌 光文社
シリーズも長いよなぁ、10冊目なんですよ。
今度の鮫島警部の事件は、発端はこうです。
だれかが警官を殺すため、どこでチャカを売っているかと探している、ということ。
探っているうちに、別の事件が浮かんでくるのが毎回のことです。
危険なグループは、中国残留孤児、一緒に日本に連れて帰った子供孫世代で、戸籍は日本人だがメンタリティは中国人、ヤクビジネスに浸っている。
最後は上司の桃井課長が殺されるのですよ。
新宿鮫の主要人物が死んでしまう、次巻はもう書かれないかもしれないなぁ。

読書メーター

広島ブログ

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31