無料ブログはココログ

« 小沢検察審査会裁判 | トップページ | 何らやましいことはない »

2011年10月 7日 (金)

涅槃の雪

「涅槃の雪」西條奈加 光文社
初期のころのロマネスク、伝奇小説から、ちょっとマトモの方向へ方針転換しております。
それがええかもしれないね。びっくりするほどの嘘話しはそんなに次から次へと繰り出せるもんじゃないからね。
主人公は北町奉行所の与力、北町奉行の遠山左衛門尉、南町奉行の矢部定謙、ふたり共同で老中水野忠邦の締め付けに抵抗する。
抵抗が過ぎて、矢部定謙は罷免され、後任に鳥居忠耀が任命される。
ほどなく、遠山左衛門尉も北町奉行から大目付に昇進するが、これは老中水野の差し金なわけです。
後年、老中水野も鳥居忠耀も失脚するが、これは巻末あたりでの出来事です。
隠し売女取締りで、女のひとりを屋敷に置くようにと、遠山奉行から命じられ、これはずっと、プライベートな緊張が最後まで続くわけです。

茶番白洲:隠売女大手入
雛の風:奢侈禁止令
茂弥・勢登菊:寄席取払申付
山葵景気:株仲間解散令
涅槃の雪:芝居町所替
落梅:人返し令
風花:天保改革の終焉

読書メーター

広島ブログ

« 小沢検察審査会裁判 | トップページ | 何らやましいことはない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小沢検察審査会裁判 | トップページ | 何らやましいことはない »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31