無料ブログはココログ

« MSペイントが進化した | トップページ | 米の値段 »

2011年10月 3日 (月)

当確への布石

「当確への布石」高山聖史 宝島社
この前読んだのが選挙話し、続けて選挙のお話しが読みたいな。
宝島社の「このミステリーがすごい!」大賞の優秀賞なんだそうです。それならハズレということはないだろう。
宝島社、幻冬社の本ならエンタテインメントとして面白い、これほんとです。
決して手にしないのが文芸社、自費出版の会社だから、ビジネスモデルが違う。売って儲けるのじゃない、作者から儲けているのだ。
衆議院選挙区で補欠選挙があります。セックススキャンダルで代議士が辞職したのです。
そこへ立候補したのが、大学準教授、性犯罪の被害者のケアをするのがテーマのひとです。
勝手連で、凶悪犯罪抑止連合会と称する団体が勝手に推薦をする。
元受刑者の近所で、彼の犯歴を暴くビラが近所に撒かれる。それがあちこちで多発する。
凶悪犯罪抑止連合会の仕業らしい、推薦どころか、足を引っ張る行為だ。
選挙戦が始まる。
ここから先はストーリーを披露するのは止めます。
新人ですよ、小説コンテストに応募したばかりのカケダシですよ。
詳しいね。
選挙運動の立ち上げ、敵情視察、マスコミへの対策、うん、まぁ、これは知ってなきゃ選挙小説は書けないことだね。
性犯罪被害者への心療内科、治療の描写などはどこで得た知識なんだろう。

読書メーター

広島ブログ

« MSペイントが進化した | トップページ | 米の値段 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MSペイントが進化した | トップページ | 米の値段 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31