無料ブログはココログ

« 迎撃せよ | トップページ | 10月に読んだ本 »

2011年11月 1日 (火)

茶葉(ちゃば)

もともと、茶葉(ちゃば)という読み方に抵抗感があるんですよ。
音読み訓読みごちゃまぜで、重箱読みじゃないですか。
ずっと以前はお茶の葉、こんな名前だった。
茶葉(ちゃば)が登場したのは、ウーロン茶が世に出た頃だったと思いますよ。
ただし、はっきりしないのですよ。
小さな缶に入ったお茶の葉っぱで登場したのか
缶コーヒーと同様に缶飲料で登場したのか
どっちだったのか、思い出せない。
緑茶、紅茶しかなかった時代には、お茶の葉っぱ、こんな言い方でした。
ウーロン茶が登場した時に、茶葉(ちゃば)という言葉で登場したのです。
以来
緑茶でも紅茶でも、茶葉(ちゃば)という言葉は普通になってきました。
お茶の葉、これではもっさり感がただようのかなぁ。
茶葉(ちゃば)と言い切れば、短くて切れ味があって、時代にマッチしたのかもしれませんね。

広島ブログ

« 迎撃せよ | トップページ | 10月に読んだ本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 迎撃せよ | トップページ | 10月に読んだ本 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30