無料ブログはココログ

« mixi の足跡機能 | トップページ | 長野県中野市 »

2011年11月 9日 (水)

黄葉の展望台、深入山3

編集が終わりました。
一部を抜書きします。

いつまでも急な傾斜が続くわけじゃないさ、このあたりで緩んできた。
あそこにアズマヤが見えているだろ。頂上から下りる時、あそこを通るんだよ。
東登山口からの道と合流して、展望の岩がある。ここからは南面が丸見えになっている。展望の岩はこれからもあるから、まず、最初の岩ということだね。
ここまで来ると、頂上はほんの目の前なんだよ。
はい、ここが頂上、深入山。三角点の周囲に石がいっぱい盛り上げてあるが、下から石を運び上げるはずだよ、頂上が凹んでしまっているもんね。
下の駐車場に、頂上に小石を持って上がってください、とのお願いは見なかったなぁ。山腹の途中にそのお願いの立て札がある。下りる時に見たのだから、今さらどうにもならんね。
ほんまに50分で登ったな。
残念よね、今日は曇り空だ。太陽が照っていれば黄葉が輝くのにね。せっかく絶好のシーズンなのに、なんとかならないのかしらね。
まぁ、ええさ。来る途中、車の中から日に照る黄葉を見たじゃないか。太陽が出たのはあの時だけだったが、キラキラ輝く黄葉は素晴らしかったね。
深入山の隣が臥龍山、殺人事件の死体遺棄現場になったので、痛ましすぎて、登りにくくなってしまったな。
さて、降りようか。

http://sherpaland.net/report/shinnyuzan3.htm

広島ブログ

« mixi の足跡機能 | トップページ | 長野県中野市 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« mixi の足跡機能 | トップページ | 長野県中野市 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31