無料ブログはココログ

« したり顔→どや顔 | トップページ | 皆既月食は? »

2011年12月10日 (土)

飯茶碗の変遷

昔々は、床の上に銘々膳を置いて、膝の高さに茶碗がありました。
食べてる飯はオジヤ風の炊き込み飯、おかゆ、茶飯、流動食が普通でした。
だから、当時の茶碗は半円形で、茶碗に口をつけて掻き込みやすい姿のものでした。
明治以降、飯炊きの出来上がりは現在の姿に変わりました。固い飯です。
茶碗の円形のカーブが直線に変わりました。
飯が固くなったので、飯の塊りを箸に挟んで口に運ぶ形に変わりました。
さらに時代が進んで、洋風のスタイルが一般的になってテーブルに座って食事するのが普通になりました。
茶碗を見下ろす角度も高くなるので、ちゃわんの底が見え易いように、さらに開いた形の茶碗も登場しました。
茶碗の切断面で説明すると、扇形の角度がさらに開いた茶碗も登場しました。

突然、何を語りだすの?

あのね、NHKEテレで、美の壺という番組があります。
そこで、飯茶碗について語っているのを、美術の要素を省いて、形の変遷についてだけ着目してリライトしました。

広島ブログ

« したり顔→どや顔 | トップページ | 皆既月食は? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« したり顔→どや顔 | トップページ | 皆既月食は? »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31