無料ブログはココログ

« どれがしじゅうからごじゅうから | トップページ | 化合 »

2011年12月12日 (月)

月は怒らない

「月は怒らない」垣根涼介 集英社
三角関係のドラマなんですよ。
べっぴんだけど、市役所勤務の冴えない女性。
サラ金の整理をコンサルタントするという人身売買の稼業の男。
三流大学の学生。
知り合って、週に一回か二回、セックスだけに通うダブルの関係。
交番勤務の警官で、知り合って訪問はするが、セックスはなし、お話を交わすだけの関係。
育ち、というのがあるんですよ。
悲惨な過去がある。それが響きあって知り合って心を許すまでに至ったわけだ。
結局は、裏稼業の男性と結ばれることになる。
育ちの過去が悲惨だったから。

こんな概略なんですがね、読み続けるのに、極めて抵抗がある。
反社会の臭いがあって、こんなお話しの深みに入ってはいけない、という堰き止めがあるのですよ。
ページが進まない、読み終わるのに、2週間かかったなぁ。

読書メーター

広島ブログ

« どれがしじゅうからごじゅうから | トップページ | 化合 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« どれがしじゅうからごじゅうから | トップページ | 化合 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31