無料ブログはココログ

« 読まなかった本のカテゴリーを作るか | トップページ | 地元自治会へのサポート »

2012年1月10日 (火)

上下、神石境界の龍王山

干支の山で、竜王山に登ってきました。
抜書きします。こんな具合です。

展望台とアズマヤの間に三角点があって、ここは竜王山、と名付けてはいるが、便宜的な名称だと思うよ。
地元のひとがそう呼ぶのだから尊重はするが、拡大解釈のようで釈然とはしないよね。
まぁ、包括的にこのあたり一帯を竜王山と言うなら、それはそれで納得できることだがね。
三角点としての龍王山は、展望台から通信塔の群れがあって森がある、その森の背後に龍王山があるものらしい。
地図と引き比べながら林道を降りて行く。
内側にカーブしているこのあたり、立ち止まって観察してみる。手前に青いテープがあって、奥に赤いテープが見える。間違いない、ここから入るのだ。
尾根には歩いた足跡が見えている。右か、左か。とりあえずどっちの方向にも歩いてみる。
どうやら右に進む方が正解のようだよ。
赤いテープ、青いテープ、黄色いテープ、これだけ集中してあるんだもの、ここが、左折して龍王山へ向かう分岐のポイントだと思うよ。
足跡も龍王山を目指して進んでいる。
ここが最低鞍部、通信塔へ向かう山列と三角点龍王山の山列は別々の峰なんだよ。それが鞍部で繋がっている。
ありゃ、ヌタバだよ。泥水を浴びて、泥だらけの足跡が続いている。これはイノシシの足跡かい。てっきり、人間の足跡だとばっかり思い込んでいた。
さすがに獣も人間の開いた道を利用するんだね。そりゃぁ歩きやすいだろうなぁ。すっかり騙されてしまった。
倒木が重なってどうにも歩けないところがある。やつらは平気で倒木の隙間を抜けて進んでいる。わたしは横に迂回して避けて進むしか方法がない。
ここからは不連続な倒木帯、さすがに獣もここを避けて、どこかへ去って行ってしまった。
ここからは足跡はない、雪に覆われてはいるが、なんとなくこれが道だろうと透けて見えている。
やっと到着した、龍王山の三角点。

http://sherpaland.net/report/ryuo_joge.htm

広島ブログ

« 読まなかった本のカテゴリーを作るか | トップページ | 地元自治会へのサポート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読まなかった本のカテゴリーを作るか | トップページ | 地元自治会へのサポート »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30