無料ブログはココログ

« ちょっとした改修案内 | トップページ | 開運信号 »

2012年1月23日 (月)

花明かり深川駕籠

「花明かり深川駕籠」山本一力 祥伝社
毎度おなじみ深川駕籠シリーズ、これが第三作目です。
「花明かり」「菖蒲の湯」中編2作品が収まっています。
「花明かり」もののはずみで駕籠の競争をすることになった。
最初の賭け金は千両、木兵衛が乗り出して賭け金が上がって1万両、身代を賭けて身ぐるみ賭けることになるかもしれない。
賭け主は千住の旅館の主村上屋、こっちの賭け主は長屋の家主の木兵衛、なんでこんなことになっちまったのか。
千住の亭主が深川で悪騒ぎをするので、こらしめてやる、そういうことです。
で、結末はどうなったか、そこはそこまでにしておきましょう。
「菖蒲の湯」駕籠かきの新太郎が花問屋の後家の女将に思いを寄せた。
それでどうなった、うん、まぁ、そこはむにゃむにゃ。

読書メーター

広島ブログ

« ちょっとした改修案内 | トップページ | 開運信号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっとした改修案内 | トップページ | 開運信号 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31