無料ブログはココログ

« しょうがない人 | トップページ | 鉄のしぶきがはねる »

2012年2月11日 (土)

ドルチェ

「ドルチェ」誉田哲也 新潮社
さわやか誉田哲也と血まみれ誉田哲也、血まみれのほうです。
いや、暴力気丸出しだが、これはこれでさわやか系のほうじゃないかい。
練馬署の魚住久江巡査部長がヒロインの短編シリーズです。
警視庁捜査一課に所属していたこともあったが、志願して、所轄の刑事のほうへ変えてもらった。
本庁にいては、犯罪を追うだけだが、署にいれば犯罪を防ぐほうにちからが注げるから。
盗犯係、組織犯罪対策係、強行犯係、女ながら強行犯係を担当している。
短編集だから事件はさまざまだが、刑事の数が少ないので、だんだんと刑事の性格が浮き彫りになってくる。
--------
非番のはずの里谷巡査部長がそこに立っているのだった。
「誰だ、こいつは」
原口が、「捜査一課の主任ですよ」と耳打ちしたが、そもそも里谷にはそんなことを気にするタマではない。倒れて呻き声をあげる佐久間に馬乗りになり、襟首を掴んで引き寄せる。
「オメェ、何期だ」
里谷がいったのは、お前が警視庁に入庁したのは何期か、という意味である。里谷は高卒採用で、今年52歳。何をどう勘定しても、佐久間より警察官として先輩であるのは動かし難い事実だろう。
ベテランの中には、ごくたまにいるのである。階級も役職もすっ飛ばして、年功だけを理由に主従関係を成立させようとする無茶な警官が。
--------
警部補がブケホと呼ばれたり、刑事になるには、志願するだけじゃなれない、講習を受けてパスしなきゃなれない、そんなトリビアに詳しくなってきます。

読書メーター

広島ブログ

« しょうがない人 | トップページ | 鉄のしぶきがはねる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« しょうがない人 | トップページ | 鉄のしぶきがはねる »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31