無料ブログはココログ

« おせじ | トップページ | 傘という漢字 »

2012年2月 8日 (水)

違えよ

神経に障る言葉に、違えよ、があります。
意味としては、違うよ、と同じだとは思うのですが
違うよ、が、違えよ、に変化するには、どんな変格活用を経た上でのことでしょうね。

違わない
違います
違う
違う時
違えば
違え

違えない
違えます
違え
違え時
違えば
違え

終止形+終助詞の<違えよ>だけが成立して、他の活用形は成立していません。
本来の五段活用が無活用となる、こんな異例は認知されるはずがありません。
時代のあだ花で今は存在しても、長く使われる形ではないと思います。

広島ブログ

« おせじ | トップページ | 傘という漢字 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おせじ | トップページ | 傘という漢字 »

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30