無料ブログはココログ

« 洗濯機の風呂へのポンプ | トップページ | 都市伝説 »

2012年2月 6日 (月)

不徳のいたすところで

弁解、謝罪の前口上に、不徳のいたすところで、こういうのがあります。
決まり文句なので、このあとに、申し訳ありません、とか、お詫び申し上げます、と続きます。
言葉通りに悪く解釈すると
不徳=出来が悪い、のだから、しゃぁないやん、我慢してよ、このようにお話しが続いたら、勘弁しようにも勘弁できない。
ま、ここは
低く腰を折って反省の意を示すか
そっくりかえって横を向いてうそぶくか
話し方、態度によります。

お詫びの言葉を受けているのだが、さらに腹が立ってくる場合もありますよね。

広島ブログ

« 洗濯機の風呂へのポンプ | トップページ | 都市伝説 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 洗濯機の風呂へのポンプ | トップページ | 都市伝説 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31