無料ブログはココログ

« デスクトップのメモを安全にするには | トップページ | ウォータービジネス »

2012年3月24日 (土)

所轄魂

「所轄魂」笹本稜平 徳間書店
妻が亡くなったことで、本庁から所轄に転属を申し出た。妻が亡くなって捜査に意欲が湧かなくなったからだ。
息子がキャリアとして警察庁に入った。
城東署の管内で死体があがった。
捜査本部の帳場が立って、息子が捜査一課の警視管理官として臨場してきた。
自分も警部補として、所轄のまとめとして本部に詰めることになった。
捜査一課から派遣されたのが十三係、班長の警部が悪名高い捜査官だった。
自分で仕切って、手柄をさらっていくのが常だった。
ここはあれですよ、本庁の捜査一課とは違う所轄魂を発揮すること。
新米キャリアの管理官として、割れそうな帳場をまとめて推進していくこと。
階級が違っても、親子だから、言葉遣いが微妙で、そのへんの書き分けもお上手、うまい。

読書メーター

広島ブログ

« デスクトップのメモを安全にするには | トップページ | ウォータービジネス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デスクトップのメモを安全にするには | トップページ | ウォータービジネス »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31