無料ブログはココログ

« 何々ありき | トップページ | Jリーグ戦、Jリーグカップ »

2012年4月11日 (水)

馬洗川水系芋面川2(芋面川から美波羅川)(自転車篇)

芋面の集落外れに杭があるんですよ。一級河川芋面川上流端と杭に書いてある。管理上、ここを末端と決定したが、細流はこの先から流れてきている。
舗装路があるからどんどん上流へ進んで行こう。折れ曲がりながら進んで行く。
ここが峠、普通なら自然の境界が区域の境界なのだが、行政上の境界はここではない。三若の地頭の勢力が強かったからですよ。
峠の先はYの字に分岐している。右の道は登らなきゃならない。左の道は下り坂、左の道を行こうか。
地蔵があって、屋根が差し掛けてある。柱が一本のお堂で、一本堂と名前を付けてある。
奈良県二上山麓に同じお堂がある、そこでは傘堂と名付けていた。
一挙に下る坂道だ。何度も折り返しながら下って行く。この道は、下りはええが、自転車で登るのはしんどいと思うよ。下りて押さなきゃ登れないと思うよ。
シカがいる。離れたところでこっちを観察している。
芋面の集落はたんぼや畑に背の高い柵があったな、鉄格子があったな。シカの被害に手を焼いているのだろうね。
山あいから抜け出して、美波羅川の川辺に出た。正面が掛田大橋、谷に架かる橋が掛田小橋、小橋のほうを渡って美波羅川の堤防の上を行こう。

ページの編集が終わりました。
新しいページをアップしています。

http://sherpaland.net/bike/2012/bike-120410-imo2/bike-120410-imo2.html

広島ブログ

« 何々ありき | トップページ | Jリーグ戦、Jリーグカップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何々ありき | トップページ | Jリーグ戦、Jリーグカップ »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31