無料ブログはココログ

« ニッポンの「世界No.1」企業 | トップページ | 無双の花 »

2012年4月21日 (土)

窯業(ようぎょう)とは?

東証一部の工業部門の分類では、食品、繊維・紙、化学、医薬品、石油・窯業、鉄鋼、非鉄・金属、機械、電機、輸送機器、精密・諸工業

窯業(ようぎょう)は、他とは分類の基準が違っているでしょ。
食品から精密までは、製品の区分で分類されています。
窯業(ようぎょう)は、製造工程が業界名称になっています。

ウィキペディアによると
窯業(ようぎょう)は、粘土、ケイ砂、石灰岩などから陶磁器、瓦、ガラス、セメントなど、非金属原料を高熱処理して作るものを製造する工業。
窯(かま)を使用するため、窯業(ようぎょう)と呼ばれる。

もういっぺん、食品から精密・諸工業まで分類を眺めてみてちょうだい。
窯業(ようぎょう)とは製造プロセスで、これは分類基準から外れていると納得してもらえるでしょ。

広島ブログ

« ニッポンの「世界No.1」企業 | トップページ | 無双の花 »

コメント

時代とともに工業材料も複雑化し、「非金属原料」とはなんぞや? という状態になってきましたね。電流を通す鉱物(導体)を金属、と定義していた時代もありますが、セラミックとメタルの中間的性質を持つ複合材料(半導体や磁性体)が実用化されてすでに久しい世の中です。そろそろ戦前に作られた分類名も再定義しなければ、現実との乖離や混乱はますます顕著になるでしょうね

森のくまさん
この分類はどういうことだ
とイチャモンをつけてみましたが
ま、この分類が適当なところかもしれませんね
茶碗や皿がセメントと同類項となると
ちょっと違うような、それでええような
陶磁器の窯元とガラス会社、セメント会社は
それぞれ別々の同業組合に入っているでしょうね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニッポンの「世界No.1」企業 | トップページ | 無双の花 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31