無料ブログはココログ

« 張りぼて | トップページ | 三次三山のひとつ、比叡尾山2 »

2012年4月24日 (火)

エラーが検出されましたので、修正しました

「エラーが検出されましたので、修正しました」
ホームページビルダー6.5から16にバージョンアップしたら
しばしば食らうお小言です。

6.5で許していて、16では許さないことは
ルビ・振り仮名です。

<ruby>怒塚山<rt><FONT size="-1"><rp>いかづかやま</FONT></rt></ruby>
<ruby>頭崎山<rp>(<rt>かしらざきやま<rp>)</ruby>

いままでは、このタグ打ちで通用していました。
16では、お叱りが出ます。

<ruby><rb>比婆山</rb><rp>(</rp><rt>ひばやま</rt><rp>)</rp></ruby>

このカタチでないと勘弁してくれません。
お叱りの出ないカタチを引き出すのに、けっこうたいへんだったんだから。

「エラーが検出されましたので、修正しました」と言いながら、修正はしてありません。
自分でエラーを探して自分で修正しなきゃなりません。
次のバージョン17では、「エラーが検出されましたので、修正しました」と言ったなら、ちゃんと修正してくれることを望みます。
あるいは、エラーの箇所を浮かび上がらせてくれることを望みます。

お~い、もしもし、Internet Explorer、Mozilla Firefox、Google Chrome、それぞれで、どう見えるかが問題じゃないの。

いえいえ、それ以前の問題なんです。
ホームページ原稿の段階で罰点をもらっています。
過去ページを参照する度に、「エラーが検出されましたので、修正しました」
最初は無視していました。
無視するには量が多すぎて、ちょっとこれは問題だぞ。
次々と修正して、ただいま、AからKの途中まで修正が終わりました。
Kの途中からZまで、残りがまだまだたくさんあります。

2005年のあたりから、ルビ・振り仮名を始めました。それ以前のものは関係ないはずですがね。

広島ブログ

« 張りぼて | トップページ | 三次三山のひとつ、比叡尾山2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 張りぼて | トップページ | 三次三山のひとつ、比叡尾山2 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31