無料ブログはココログ

« 道の駅の充電スタンド | トップページ | 一青窈 »

2012年5月18日 (金)

男脳中国女脳日本

「男脳中国女脳日本」谷崎光 集英社インターナショナル
副題に「なぜ彼らは騙すのか」
第1章、男脳中国女脳日本
第2章、新卒はお断りーー中国人の就職、転職、独立
第3章、「相手は玄人」ーー日本企業が中国で成功するための秘訣
第4章、自腹で中国人300人、雇いました
第5章、「中国人ものさし」ーー彼らを時代で輪切りにしてみる
第6章、中国の本質は「遊牧」にあり
第7章、日本人男性は大陸の落ちこぼれだった!?
第8章、原発・島国・グローバル化・逃げられない日本人が生き残るには
著者は「中国てなもんや商社」「てなもんや中国人ビジネス」「北京大学てなもんや留学記」と本があるように
中国に居ついて、コンサルタントビジネスで活躍しています。
目次のタイトルがそのまま内容を示しています。
第5章、文化大革命と天安門事件が中国人を激しく傷つけています。
今90歳は革命の戦士、60歳は文革当時、紅衛兵だった、40歳は天安門事件で価値観が変わった、20歳は愛国教育で抗日教育を受けた。
第7章、男の染色体が遺伝子を残しにくい傾向がある。外国から遺伝子が入れば原日本人は駆逐されかねない傾向にある。
第8章、東日本大地震、福島原発事故で考えたこと。

読書メーター

広島ブログ

« 道の駅の充電スタンド | トップページ | 一青窈 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道の駅の充電スタンド | トップページ | 一青窈 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31