無料ブログはココログ

« オーディンの鴉 | トップページ | セカンドウィンド »

2012年7月 7日 (土)

ゴールデンスランバー

「ゴールデンスランバー」井坂幸太郎 新潮社
仙台の大学で学んだ四人の仲間、今はそれぞれ社会に出ている。
青柳雅春は宅配便の運転手をしている。
配達先で襲われそうになっているアイドルを助けた。
それで有名になった。
首相が仙台でパレード中に爆弾で暗殺された。
ラジコンヘリに爆弾を積んで爆発させたのだ。
青柳の知らない、自分ではない画像がテレビに出てくる。
顔はそっくりだが、自分ではない。
青柳は逃げる。警察から逃げる。
逃げる最中に、いろいろな手助けが出てくる。
大学時代のサークルの仲間だったり、見も知らぬ人だったり。
ゴールデンスランバーとは?ビートルズの最後のナンバー。はぁて、どんな曲だったかなぁ。
読み終わってすぐもう一回も見返してみた。
最初に読んだときは湯気で曇ったガラス越しのお話しだったが、二度目は、ピタリ、ピタリと、ピントが合って話しがわかる。
この本は二度読みがおすすめ。

読書メーター

広島ブログ

« オーディンの鴉 | トップページ | セカンドウィンド »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オーディンの鴉 | トップページ | セカンドウィンド »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31