無料ブログはココログ

« 次長検事、次席検事 | トップページ | 外泊許可を得て帰っています »

2012年7月16日 (月)

パイロット・イン・コマンド

「パイロット・イン・コマンド」内田幹樹 新潮文庫
ロンドンからシベリア上空経由で成田行きの旅客機です。
機長がふたり、副操縦士がひとり、フライト中は常に操縦士がふたり着席していて、交代で仮眠をとることになる。
面倒な乗客がいる。イギリスから日本へ、逮捕されて手錠に繋がれている特殊乗客と刑事がいる。
フライト中にトイレにライフジャケットが隠されていた。探すと、みっつも出てきた。
第二エンジンが爆発炎上し、燃料が漏れている。
その衝撃で、機長ふたりは負傷し、残るのは副操縦士だけになった。
操縦席にはふたりいないと操縦できない。CAのなかでセスナを習っている女性がいる。
むりやり操縦席に座らせた。通信を担当し、計器の読み上げをしてもらうのだ。
新潟上空から成田へ燃料はカツカツの状態、成田空港で滑走路トラブルで羽田へ向かうよう指示された。
燃料は足りるか、足りないか。
著者は前歴がANAの機長、着陸までの50ページは手に汗握ります。
未解決なことは残っています。
手錠に繋がれた特殊乗客はだれかに殺されたらしい。
ライフジャケットは密輸に使った小道具だったらしい。
本社のだれかさんの保身、保身に成功して昇進したこと。

読書メーター

広島ブログ

« 次長検事、次席検事 | トップページ | 外泊許可を得て帰っています »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次長検事、次席検事 | トップページ | 外泊許可を得て帰っています »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31