無料ブログはココログ

« 空をつかむ | トップページ | おまえさん【下】 »

2012年8月11日 (土)

おまえさん【上】

「おまえさん【上】」宮部みゆき 講談社
よれよれの宿無しが殺された。
薬種屋瓶屋の主人が殺された。
探って行くうち、20年前、よれよれと瓶屋の主人と大黒屋の主人とは、大黒屋でざくの職人だったことがわかった。
ざくとは、薬研で薬草・薬種を調合するのが仕事だ。
ざく仲間で新しい薬を調剤したのを、三人で殺して調合の方法を奪ったのだ。
あれから20年、かたき討ちが現れたのか。
読み始めると、あれ、このキャラクターには馴染みがある。
思い出した、八丁堀の同心、井筒平四郎のシリーズで、ぼんくら、日暮らし、に続く第三作なのだ。
目明しの政五郎、甥の弓之助、おでこ、おぉぉ、懐かしいキャラクターだぞ。

読書メーター

広島ブログ

« 空をつかむ | トップページ | おまえさん【下】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空をつかむ | トップページ | おまえさん【下】 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31