無料ブログはココログ

« 弁護士事務所MIRAIO | トップページ | あんじゅう―三島屋変調百物語事続 »

2012年8月23日 (木)

祝いと呪い

祝いと呪い、真反対の言葉なのに、なんでこんなに似た文字なんでしょうね。
シメスへんは、神、祈、祠など、神・祭などに関わる文字を作り
クチへんは、つぶやく行為をあらわすのかしらね。

つくりの兄、なんで共通なんだろ。
検索して調べてみると
祝の兄と呪の兄は、もともとは別々の漢字だったんだそうです。
どう見ても同じに見える、区別しようがない、このまま同じ字で行くことにしよう。
こんな経過があるそうなのです。

広島ブログ

« 弁護士事務所MIRAIO | トップページ | あんじゅう―三島屋変調百物語事続 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 弁護士事務所MIRAIO | トップページ | あんじゅう―三島屋変調百物語事続 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31