無料ブログはココログ

« 鬼のパンツ | トップページ | たまたま勝った »

2012年9月12日 (水)

猫除け 古道具屋 皆塵堂

「猫除け 古道具屋 皆塵堂」講談社 輪渡颯介
前作「古道具屋 皆塵堂」では銀杏屋の息子が皆塵堂の修行に来て、銀杏屋の太一郎が主人公でした。
今度の主人公は、皆塵堂の主人、伊平次、彼を芯にしてお話しが進んで行きます。
お話しの始まりは、故郷を追い出された庄三郎、幽霊が見えるので、それを縁に居候を許しております。
猫除け、がタイトルにある通り、猫が狂言回しに登場します。
怪談話し、ええ、怪談話しです。そこそこ怖いが、ひたすら怖さを煽り立てるような仕立てではない。
ゆるい人物たちがゆるく動きながらお話しを進めていきます。
作家の輪渡颯介は【わたりそうすけ】と読むようです。

読書メーター

広島ブログ

« 鬼のパンツ | トップページ | たまたま勝った »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鬼のパンツ | トップページ | たまたま勝った »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31