無料ブログはココログ

« この出版社の本は興味がない | トップページ | 顔にモザイクをかける »

2012年10月 9日 (火)

光圀伝

「光圀伝」冲方丁 角川書店
水戸光圀の伝記です。
徳川光國、徳川御三家、水戸家の世子です。
光國には兄がいます。兄を差し置いて世子とされています。兄は大名家に養子に出ました。
このことで常に心に曇りがさしています。
義の人になろう。兄の子を養子に貰おう。兄の子が社稷を引き継ぐことで義を貫くことができる。
婚礼の夜、公家から嫁いだ花嫁にその意思を伝える。
よろしゅうございます。兄の子を貰って、我が家の子を貰っていただきましょう。
そのようになるのだ。子と子を交換することになるのだ。
光國の指令で、史書を収集し、史書を編むことにする。現代語でいえば大学を建学したということだ。
隠居するまでは光國、隠居してからは光圀。
光圀生存中に出版された書の名前が「本朝史記」のちに名前を改めて「大日本史」となる。

読書メーター

広島ブログ

« この出版社の本は興味がない | トップページ | 顔にモザイクをかける »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この出版社の本は興味がない | トップページ | 顔にモザイクをかける »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31