無料ブログはココログ

« ナベ奉行 | トップページ | ナベ奉行の続き »

2012年11月 4日 (日)

極めて小さい範囲の話題

わたしの地元のことですがね
馬洗川を挟んで、北が畠敷町、南が南畑敷町
[はた]の字が違う、へぇぇ
今まで気が付かなかったのが不思議

広島ブログ

« ナベ奉行 | トップページ | ナベ奉行の続き »

コメント

東が上畠敷町 西が下畠敷町ですね。とてもわかりやすいです。畠とは白い田(水のない田)という意味だそうで、太古にヤキハタを行っていた傾斜地にある「畑」よりも少し高級な農地かもしれませんね。誰かの単純な書き間違いがそのまま正式名になってしまうこともあるようです。

昔々は同じ庄屋じゃなかったのかもしれません。
あるいは、庄屋の一族が仲たがいして、[はた]の字を変えて、縁を切ったのかも。
字が違うと、いろいろ想像したくなりますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナベ奉行 | トップページ | ナベ奉行の続き »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31