無料ブログはココログ

« 有識者会議 | トップページ | 作家の黒川博之と講談社との裁判 »

2012年12月13日 (木)

ヒート

「ヒート」堂場瞬一 実業之日本社
マラソンで世界最高記録を作りたい、神奈川県のレースで作りたい、県知事の野望です。
世界最高記録を作るには、超高速コースの設定、勝てるランナーの招請、強いペースメーカー、この三つが必要なのだ。
県知事の発案です、役所の横槍は排除して、横浜川崎を結ぶ東海道マラソンが誕生した。
ペースメーカー、所属チームが次々と廃部となる不幸なランナーを見つけた。
マラソンランナーに未練があるのを説き伏せてペースメーカーをつとめるのを承知させた。
国内で一番強いランナーがいる。きわめてわがままで、新設のマラソンコースなど歯牙にもかけない。
理屈での説得は無理で、情に絡めての嵌め込みが成功してうんと言わせた。
マラソンレースが始まった。
契約では、ペースメーカーは30キロまでは高速のラップを刻んで誘導しなきゃならない。
30キロ過ぎて、ペースメーカーはまだ走り続ける。
ゴールまであと50メートル。
ここで小説は終わっています。
どっちが勝ったんでしょうね。
雰囲気は、近藤史恵の自転車ロードレースと同じです。
キングがいて、従者がいるのですが、キングが地位を失う場面がある。
自転車とマラソン、別物なんだが、共通するところも多いなぁ。

読書メーター

広島ブログ

« 有識者会議 | トップページ | 作家の黒川博之と講談社との裁判 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 有識者会議 | トップページ | 作家の黒川博之と講談社との裁判 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31