無料ブログはココログ

« お好み焼きの道具 | トップページ | 通りすがり »

2013年1月26日 (土)

スクウェアI

「スクウェアI」福田和代 東京創元社
スクウェアとは梅田お初天神の路地奥のバーの名前、連載小説の第一話がここから始まるから、タイトルがスクウェアなんですよ。
大阪府警本部刑事部薬物対策課にいる巨漢の刑事、三田、第一話の出だしは新宿鮫の鮫島刑事と雰囲気が似ているんですよ。
第二話からは新宿鮫とは離れて行く。ちゃんと指導するべき新米の相棒がいて、班長は怖いし、同僚の刑事は中がええのか悪いのか、新米には測り兼ねるところがある。
スクウェアのマスターはリュウ、名無しのリュウ。お話しにちょいちょい絡んでくる謎の男。
バーの客に宇多島、元ボクサーで、今はスポーツメーカーを経営している。
スクウェアIIも続くので、この二人の出番がもっとあるのでしょうね。

読書メーター

広島ブログ

« お好み焼きの道具 | トップページ | 通りすがり »

コメント

おお 場末のバーを舞台にしての人間模様とは私のもっとも好きなパターンかな。昔漫画にもそんなのがありました。読み切りオムニバスタイプで、縦の繋がりは無かったですけど。昔バーやスナックに通っていた頃が懐かしいです。今は完全に心の燃料切れで、日銭を追うばかりの毎日です。

ただいま、スクウェアII、続編を読んでおります。
基本は大阪府警本部薬物対策課、刑事とヤクザが絡まって、正義の味方エンジェルも登場する、そんなお話しのようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お好み焼きの道具 | トップページ | 通りすがり »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31