無料ブログはココログ

« 年賀状ソフトの住所録が | トップページ | 旭川市の旭山動物園 »

2013年1月 4日 (金)

朱龍哭く 弁天観音よろず始末記

「朱龍哭く 弁天観音よろず始末記」西條奈加 講談社
弁天とは長唄の師匠、お蝶、観音とは八丁堀同心の妻、沙十
お蝶は後妻の子、沙十は兄嫁にあたります。
八丁堀同心だから御用の筋の他に頼まれごとがある、その頼まれごとの始末を二人でやっているわけです。
父が隠居したあと、卒中で死んだけど、どうやら誰かに襲われて殺されたらしい。
だんだんと手繰って行くと、王龍党にたどりついた。
世直しのため、幕府転覆を図っているらしい。
さて、これからは、捕物帳が展開するわけです。

西條奈加というと、「金春屋ゴメス」が初作だけに、火の出るような大嘘話を期待してしまいます。
ひっくり返るほどの虚構ロマンをいつもいつも組み立てられるわけもない。
長屋ばなし、捕物帳、地に着いた嘘の話しに落ち着いてしまいます。
悪口言っているのじゃないよ、それでええのだと納得しているのだよ。

読書メーター

広島ブログ

« 年賀状ソフトの住所録が | トップページ | 旭川市の旭山動物園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年賀状ソフトの住所録が | トップページ | 旭川市の旭山動物園 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31