無料ブログはココログ

« 海江田代表、安愚楽牧場問題について | トップページ | ゆずごしょう »

2013年2月26日 (火)

勝光山、ヤブが濃いので諦める

おーい、行き止まりになったよ。重機で引っ掻いた道はここまで、この先はヤブで、突っ込んで行けるようなヤワなもんじゃないよ。
しょうがないから流れを渡って右岸に移動しよう。こっちにもちゃんと重機で引っ掻いた道があるんですよ。
谷から離れて尾根へ向かう。
尾根を越えて、さっきの谷とは反対の谷の山腹を進んで行く。
あれは比婆山と吾妻山、西へ眼を移して行くと、どこから見ても判る八国見山の隣だから熊山、別名、笠尾山、ずっと東を見ると、道後山が見えている。
比婆山、吾妻山、道後山のページはなんぼでもあるが、熊山のページはあまり見ないでしょう。ここにあります。
ありゃりゃ、道が行き止まりになったよ。ここから先はヤブが分厚いので分けて入るのは出来ないね。引き返そう。
尾根まで戻って、尾根道を進む。昔々はここを人が通ったこともあった、何年も何十年も歩くやつはいない、その程度の踏み跡がある。
なんとか頑張って道まで抜ける。峠のところに抜けるが、二方向にしか道がないのですよ。目指すは勝光山の方向なんだが、そっちへ向かう道がない。
なんとか頑張れば道に出るだろうとヤブに入ったが、ヤブに阻まれ、雪が邪魔して、どうにもならんね。
やめた、あきらめた。こっちから登るのは労力ばっかり消費して見返りが少ないコースなのだ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。

http://sherpaland.net/report/shokozan.html

広島ブログ

« 海江田代表、安愚楽牧場問題について | トップページ | ゆずごしょう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海江田代表、安愚楽牧場問題について | トップページ | ゆずごしょう »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30