無料ブログはココログ

« 新・にほんご紀行 | トップページ | カラスの教科書 »

2013年2月 8日 (金)

現代用語事典

[現代用語の基礎知識][イミダス][知恵蔵]があった。
現在でも書店で売っているのは[現代用語の基礎知識]だけ。
[イミダス][知恵蔵]は本のカタチでは売れなくなり、インターネット有料版となった。

[イミダス]とは、なにを意識してそんな名前にしたのか。
[アメダス]地域気象観測システムが由来で名前を付けたのだそうな。
当たらないことの代名詞に天気予報があります。
天気予報と肩を並べようとしたのなら、そりゃぁ、当たらんわ。コケルわけだ。

広島ブログ

« 新・にほんご紀行 | トップページ | カラスの教科書 »

コメント

天気予報は当たらないことの代名詞ではなく、ハズれても責任取らない機関の代名詞だと思います。
よって「イミダス」もそういうイミではないでしょうか

現代用語辞典というと
ま、あれですね、マーケットが小さすぎるのでしょうね。
ひとつあればそれでええ、No2はいらない、ということなんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・にほんご紀行 | トップページ | カラスの教科書 »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31