無料ブログはココログ

« 高齢者生がい支援事業 | トップページ | 1月に読んだ本 »

2013年2月 1日 (金)

憤青

「憤青」紗柚 新潮社
作者は中国人で、天安門事件のころ出国して日本に留学、現在は日本人と結婚している。
憤青とは、世の中に悲憤慷慨して暴れまわる若者を指し、日本に対して怒るのが通例です。
サブタイトルに[中国の若者たちの本音]
書かれた時代は2005年、胡錦濤・小泉純一郎の時代で、北京の日本大使館に投石があった。
日本に留学して、自由と民主主義を認識してからは、憤青に対しては批判的だ。
中国では歴史教育が一方的に偏っていることも承知しており、憤青化するのも無理はないと背景はよく判っている。
いくら日本を理解していても、靖国神社に対しては、筆者は怒りを発する。
中国で子供のころの友人と親交を温める。
その子供らと話しを交わす。
デモに行って、その場の雰囲気で高揚してしまう、発散するとさっさと帰ってしまう。
普通の若者がデモの渦中では変身してしまうものだそうな。

読書メーター

広島ブログ

« 高齢者生がい支援事業 | トップページ | 1月に読んだ本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高齢者生がい支援事業 | トップページ | 1月に読んだ本 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31