無料ブログはココログ

« 御調川、どっちが源流なのだろう? | トップページ | 民度 »

2013年2月23日 (土)

スズメの謎

「スズメの謎」三上修 誠文堂新光社
サブタイトルに[身近な野鳥が減っている!?]
スズメは住宅地に多くいて、商業地に少なくて、農村には極端に少ない。
巣を作る場所があるか、餌が多いか、巣が作れて餌が多いところにスズメは繁殖する。
今の家屋では隙間がなくてスズメが巣を作る余地がない。
スズメは日本に何羽いるか。
この調査方法が面白いのだが、そこは省略、1800万羽、拡大解釈で数千万羽、日本にはスズメがいる。
昔々はスズメは多くの卵を産んで雛を育てた。
今は、雛の数が少ない。
いずれはスズメは絶滅してしまうかもしれない。
住宅地では減少、農村部では生き残る、のではなかろうか。

読書メーター

広島ブログ

« 御調川、どっちが源流なのだろう? | トップページ | 民度 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 御調川、どっちが源流なのだろう? | トップページ | 民度 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31