無料ブログはココログ

« スピーチジャマー | トップページ | ものをいう »

2013年3月19日 (火)

旧友は春に帰る

「旧友は春に帰る」東直己 早川書房
探偵法間ごますり事件簿で出会った作家なんですよ。
なんだ、くだらない、と読み捨てましたが、映画のススキノ探偵シリーズがえらく受けているらしい。
思い直して、 ススキノ探偵シリーズの「旧友は春に帰る」を手に取ったわけです。
見直した。面白い。
お話しの筋立ても面白いが、枝毛、ムダ毛に味がある。
ギャグをポイポイ千切っては投げているのが面白い。
お話しのキーになる小道具が物凄いのですよ。
10万円の収入印紙のシート、20個の印紙が1シートに印刷されているから1枚2百万円
かたっぽのパッケイジで2億円、ふたつあるから4億円
ごくごく小さなパッケージなわけです。
4億円の収入印紙を巡って争奪戦が繰り広げられるわけです。

読書メーター

広島ブログ

« スピーチジャマー | トップページ | ものをいう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スピーチジャマー | トップページ | ものをいう »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31