無料ブログはココログ

« 淡々と、渋々と | トップページ | 天城越え→甘利越え »

2013年4月24日 (水)

尼子武将の城跡、高瀬山2

ちょっとした広場に登ってきた。出雲大社の方向が開けていて、出雲ドームから山裾に目を移すと出雲大社があるのだ。
何段かの段差を経て、ここが頂上広場、高瀬城甲の丸なんですよ。
甲の丸とは、織田・豊臣軍勢では本丸のことで、毛利、尼子勢では本丸とは言わず、甲の丸と称したのだ。
詰の丸という異字もあり、要するに、城の最奥地、最高地ということなんですね。
なんで甲の意味が詰と同じなのか、全然解らない。ウィキペディアにも出ていない。
出でよ、地元の小説家。甲の丸とはこういうことだよ、とストーリーの中で蒙を開いてくれんかね。
頂上からは宍道湖が見えている。島根半島の山脈が見えている。
下を見ると、ため池が見えていて、あそこから登ってきたんだよね。
保育園の子どもたちが登ってきた。
聞いてみると、5歳児、4歳児、3歳児、2歳児までも、よぅここまで登って来たな。取り巻かれて、懐かれてしまった。
さあ、降りよう。あの園児たち、登りは楽々登れても、下りは難儀するだろうね。幼児は頭が重いのだよ。すぐに転ぶ。下りで転んだら痛いじゃすまないものね。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
上の文章はページの一部分です。

http://sherpaland.net/report/takase_ym2.html

広島ブログ

« 淡々と、渋々と | トップページ | 天城越え→甘利越え »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 淡々と、渋々と | トップページ | 天城越え→甘利越え »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30