無料ブログはココログ

« 面白半分 | トップページ | 人質 »

2013年4月30日 (火)

民度

中国のネット・新聞用語で「民度」があります。
温度や速度と同じく、比較する尺度なんでしょうが
わたしは「民度」に違和感を持っています。

民度から受ける語感は、低次元の測定範囲を真っ先に思い浮かべます。
成熟した範囲を語るなら、それはちょっと尺度が合わないんじゃないか、と思っています。
民度と聞くと、土民の反転型をイメージしてしまいます。
日本・中国の語感の違いなんでしょうか。

国民水準、民族水準、このほうが感覚に合うように思いますが、いかかでしょう。
これを聞くと、レイシズムだ、民族差別だ、と非難の声があがるかもしれません。
教育水準、道徳水準と言い換えたほうがええのかな。

怒涛のように「民度」が中国から流れ込んでいますが
日本語には、その言葉は採用しないほうがええ、そう思っております。

« 面白半分 | トップページ | 人質 »

コメント

僕も同じ感覚です。

他にも「女子力」なんて大嫌いな言葉です!

おぅ、賛同者あり。
うれしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 面白半分 | トップページ | 人質 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31