無料ブログはココログ

« えらそうに | トップページ | 追跡をまく »

2013年4月16日 (火)

生口島、瀬戸田、牡蠣山に登る

頂上に近い尾根を歩いているのだが、このあたりは森が深いのですよ。山火事に逢っていない。
南の山腹は完全に燃え尽きた。北の山腹はまだら状態に燃えてしまった。頂上付近が燃え残ったのは偶然なのだろうかねぇ。火は上に登って行くものなのにねぇ。
山頂は平らになっていて、三角点が森に囲まれている。
ここが三角点、この先を下がったところが切り開いてあって、展望が開けている。
祠があって、アズマヤがある。鳥居の扁額には白高龍王とあって、白雲天王と白高龍王を祀ってあるのだ。
南の海を見ているのだが、生口島と因島だけが広島県で、見渡す限り、因島にすぐ近い小島、岩礁も含めて全部愛媛県に属しているんですよ。
伊予海賊は強かったんだねぇ。隣の島が大三島、ここは愛媛県、大山祇神社があるように、海賊・水軍の尊崇の対象は大三島にあるんだものねぇ。
因島水軍が強いとは言うけれど、これだけ拠点拠点を押さえられているのだよ。圧倒的に戦力で押されていたのが目に見えるようだよ。
因島に渡る生口橋が見えている。生口橋から視線を伸ばしていくと、向島の方向なんですよ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。
ページの一部を抜書きしています。

http://sherpaland.net/report/kaki_ym.html

広島ブログ

« えらそうに | トップページ | 追跡をまく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« えらそうに | トップページ | 追跡をまく »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31