無料ブログはココログ

« パジャマのタグ | トップページ | 声を荒らげる »

2013年5月 8日 (水)

この世にひとつの本

「この世にひとつの本」門井慶喜 東京創元社
「おさがしの本は」「小説あります」と同列の作品です。
いや、本は本でも、印刷会社が舞台です。
パトロンとして住居生計を支えていた書家が行方不明になった。
社長は息子に書家の捜索を命じる。
ちょっとこの息子はぬるいけれど、指図は間違ってないし、従いたくなる。
社長は活版印刷を廃止したんですよ。無版印刷、コンピュータープリンティングに切り替えた。
書家は、会社に本を寄贈している。
本といっても一冊だけ、源氏物語の手書きの本が全巻、金泥で書かれているのだ。
その無版印刷の工場で従業員が白血病で3人も死んでいく。
これは本筋じゃありません。そんなことも同時に起こっているということです。
本筋は書家を探せ。
書家が現れました。ここまでにします。
いやぁ、面白かった。印刷工場がこんな具合になっているのですねぇ。

読書メーター

広島ブログ

« パジャマのタグ | トップページ | 声を荒らげる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パジャマのタグ | トップページ | 声を荒らげる »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31