無料ブログはココログ

« 手柄を立てる | トップページ | 挑めよマラソン »

2013年5月 4日 (土)

大迷走

「大迷走」逢坂剛 集英社
御茶ノ水警察シリーズの最新作です。
生活安全課の第二班でのこと、課長は新任警部、班長が警部補、女性の巡査部長、さらに巡査長。
警部補と巡査長が小学校中学の同級生なので、階級差と同級生タメ口で使い分けなきゃならない。
獣医が怪しい。調べに行くと、マカクが邪魔をする。
マカクとは、本部の麻薬覚醒剤特捜隊のこと、略称マカク。
お話しの筋は簡単なことです。覚醒剤の捜査。
味を出しているのは、同級生の警部補と巡査長のやりとりなんですね。
同じようなケースで、黒川博行の大阪府警シリーズがあります。
そっちのやりとりのほうがはるかにこなれている。
味のこってりさでは大阪府警の勝ちですね。

読書メーター

広島ブログ

« 手柄を立てる | トップページ | 挑めよマラソン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手柄を立てる | トップページ | 挑めよマラソン »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31