無料ブログはココログ

« 国有形文化財 | トップページ | 佐川男子があるのなら »

2013年6月18日 (火)

シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官

「シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官」川瀬七緒 講談社
「147ヘルツの警鐘」に続く、法医昆虫学捜査官の二作目です。
南葛西署管内で変死体が発見される。
岩楯警部補は前作でも出ています。相棒は前作とは違う若手です。
赤堀准教授、警察の依頼を受けて、昆虫からのアプローチで事件を探るわけです。
北関東だか南東北だかの山村で村おこしで都会からの移住者を受け入れている。
変死体の殺害現場はここ、と探し当てるのだが、そこは法医昆虫学捜査官、探し方がトッピというか、学問的というか。
著者は服飾デザインで職歴をスタートしています。
なんでこれほど昆虫の世界に詳しいのだろう。
法医昆虫学捜査官シリーズ、第三作目を期待しています。

読書メーター

広島ブログ

« 国有形文化財 | トップページ | 佐川男子があるのなら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国有形文化財 | トップページ | 佐川男子があるのなら »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31