無料ブログはココログ

« 5月に読んだ本 | トップページ | マッキッキ、マッキンキン »

2013年6月 1日 (土)

国民のコトバ

「国民のコトバ」高橋源一郎 毎日新聞社
高橋源一郎の著作は今まで読んだことはないのです。
それでいて、知っているのは、NHKラジオの「すっぴん!」金曜日のパーソナリティでおなじみだからです。
このひと、ただものではない、眼の付け所がシャープというか、一般人とは大違いだ。
「国民のコトバ」、本を手にして、目次をながめると
「萌えな」ことば
「官能小説な」ことば
「相田みつをな」ことば
「人工頭脳な」ことば
「VERYな」ことば
「幻聴妄想な」ことば
「罪と罰な」ことば
「漢な」ことば
「洋次郎な」ことば
「棒立ちな」ことば
「ケセンな」ことば
「クロウドな」ことば
「ゼクシーな」ことば
「こどもな」ことば
「オトナな」ことば
おおむね内容が想像できることばと、ここはいっちょ読んでみたいことば、二つあります。
実はね、ついて行けなくて置き去りになって、この本を読み切るのに1ヶ月以上かかってしまいました。
語り口は軽快なのに、油断ならない内容なんですよ。
ちょっと考えなきゃならんので、本を閉じます。
次にページを開くのに、歯磨きチューブを絞り出すようにがんばらなきゃならない。
この本は毎日新聞社の「本の時間」という雑誌に連載されていたものです。
そんな雑誌は知らん。
そうでしょう、書店で販売されている雑誌ではなく、PR誌で、直送されてくるものです。
たいていのひとが知らなくて当然です。

読書メーター

広島ブログ

« 5月に読んだ本 | トップページ | マッキッキ、マッキンキン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月に読んだ本 | トップページ | マッキッキ、マッキンキン »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31