無料ブログはココログ

« 複数のPCに同じ会社のウィルスソフトでは | トップページ | 竹島 »

2013年6月 4日 (火)

西海の虎 清正を破った男

「西海の虎 清正を破った男」矢野隆 講談社
ローカルな武将で、このような武将の存在は知りませんでした。
肥後の国人で、薩摩の島津が押し寄せて、城を捨て、妻子と家人だけを連れて落ち延びる。
対岸の天草へ妻の兄を頼って逃げた。
客将とは言うものの、実態は居候です。
豊臣の島津征伐で、肥後は佐々成正が領主になった。一揆が起きて、佐々は取り潰された。
代わって、小西行長と加藤清正が肥後を二分して新しい領主になった。
天草を支配しようと小西行長が乗り出し、加藤清正がバックアップした。
一揆を起こし、両家に刃向うのだが、題名の清正を破った男、破りはしない、負けるのです。
まぁ、ええとこ、清正に刃向った男、抵抗した男、こういうお話しです。
ローカルなお話しで理解しにくいかと危惧したが、いえいえ、よく整理されていて、とても読み易いスト-リーです。

読書メーター

広島ブログ

« 複数のPCに同じ会社のウィルスソフトでは | トップページ | 竹島 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 複数のPCに同じ会社のウィルスソフトでは | トップページ | 竹島 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31