無料ブログはココログ

« コメンテイター | トップページ | 「うら」と「もと」 »

2013年6月30日 (日)

インドのことはインド人に聞け!

「インドのことはインド人に聞け!」中島岳志 講談社
おおむね、インドの雑誌に出ていた記事を翻訳して、1ページ程度の解説を加える、という体裁です。
[消費社会化するインド]
[劇的に変わった結婚観と家庭像]
[インドの神さまは現代人を救えるか]
[「インド式」教育の実態]
[ボリウッドは社会の変化を映す]
[現地ルポ中島岳志が見た「インド社会の変化」]

雑誌記事の一篇に、ゲーテッド・コミュニティというのがあります。
団地、新興住宅地が塀で囲まれていると考えてください。
入口にはゲートがあって、ガードマンが警備しています。
中間層、上流層はそこに住み、ゲートの中だけでの交際に限ります。
結婚にさいして、ゲートから出ることを極端に恐れます。
ゲート外住民におちぶれるのを恐れるのです。
ボリウッド=インド映画、歌と踊りのインド映画の印象があるでしょう。
シネコンが乱立して、映画に外部資本が流れ込むようになりました。
旧来の映画作りは淘汰されるよになりました。
カースト制度でガンジガラメの社会なんですよね。
自分の属するカーストから脱出する方法もあるのです。
ヒンズー教徒を捨てて仏教徒になるのです。
その際、名前=姓も変えてしまうのがええ、姓を見ると、カーストが透けて見えるからです。

まず最初に、中島岳志の現地ルポから読み始めるのをお奨めします。
それから雑誌記事に取りかかったほうが理解が素早い。

読書メーター

広島ブログ

« コメンテイター | トップページ | 「うら」と「もと」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コメンテイター | トップページ | 「うら」と「もと」 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31