無料ブログはココログ

« 最苦貞子、これは何? | トップページ | 一路(下) »

2013年7月15日 (月)

一路(上)

「一路(上)」浅田次郎 中央公論新社
小野寺一路、[いちろ]と読む。
小野寺家は参勤道中の供頭のお役目をいただいている。
屋敷は失火して、父は焼死してしまった。
参勤交代の出発が迫っている。供頭のお役目を果たさねばならぬ。
焼け跡から古い巻物を掘り出した。
参勤交代の心得が書いてある。要は行軍だと言い切っている。
一路は、なし崩しに崩れた行列を古式に則って行うと宣言した。
ほんとは、近頃の行列を知らないのだ、巻物に従って古式で行うしか他に方法がないのだ。
養子をもらってその後に子供が生まれた。養子は臣下に直って実子が殿さまになった。
後見役としてあるが、亡き者にして殿さまに登る野望がある。

読書メーター

広島ブログ

« 最苦貞子、これは何? | トップページ | 一路(下) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最苦貞子、これは何? | トップページ | 一路(下) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31