無料ブログはココログ

« みじんこ、みじん | トップページ | 亭主、旦那 »

2013年8月30日 (金)

風のマジム

「風のマジム」原田マハ 講談社
2週間前、素晴らしい作家を発見しました。
「旅屋おかえり」の原田マハです。
伊波まじむは派遣社員だが、社内の新規事業提案に応募した。
そうそう、まじむとは沖縄言葉では真心の意味です。
沖縄でラム酒を造る。
沖縄のさとうきびで、南大東島で造る。
酒造家(杜氏)には泡盛で有名な地元の酒造家を招いた。
かなりとんとん拍子のお話しなんですよ。
とんとん拍子で何が悪い。
挫折に次ぐ挫折のお話しなど誰も読みたいことはないさ。
無事、ラム酒の出荷が始まる。
万事、めでたし、めでたし。
ところどころ足をすくわれる場面もあるんですよ。
これは絶対ハッピーエンドで終わる、そう思えるから読み続けるのですよ。
いやぁ、ええ話しだなぁ。
------
「この(くぬ)弱虫が(よーばーや)。どれ(どー)、私が開けてやる(わーぐわあげてい)」
「まったくお前は(やーや)、子供の(わらばーぬ)ときから変わらないね(かわらぬーらん)。いざってときに弱気でどうする(ちゃーすが)」
「なんでもない(なんくるない)。あんたは黙っとれ(うんじゅやだまらさんけー)」
------
標準語に沖縄言葉でルビが振ってあるんですよ。
バイリンガルで読んで行くのだが、怒涛の展開になると、バイリンガルで読むのはしんどい。
標準語だけで読んでいるよなぁ。

読書メーター

広島ブログ

« みじんこ、みじん | トップページ | 亭主、旦那 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« みじんこ、みじん | トップページ | 亭主、旦那 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31