無料ブログはココログ

« 歯磨き粉 | トップページ | ドキッとする警告 »

2013年8月21日 (水)

風屋敷の告白

「風屋敷の告白」藤田宜永 新潮社
定年退職した還暦の二人が共同で探偵社を始めた。
最初の依頼が、昔住んでいた家を買い戻したい、今の所有者を探してほしい、という内容です。
調査を開始して、その古屋で骸骨を見つけた。
さらに人が死んでいるのが判ってくる。
ものまえで死んでいくのではなく、昔死んでいたのが判ってくる、のだったかな。
ストーリーの要約が難しい。
なんだか遠くのお話しを読んでいるようで、臨場感が湧いてこないのですよ。
藤田宜永はこんな作風ではなかったはずだぞ。
とにかく読み終えました。
読んだぞぉ、という解放感、満足感がありません。

読書メーター

広島ブログ

« 歯磨き粉 | トップページ | ドキッとする警告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歯磨き粉 | トップページ | ドキッとする警告 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31