無料ブログはココログ

« ブログのコメント欄 | トップページ | 上を向いて歩こう »

2013年9月 5日 (木)

三途の川で落としもの

「三途の川で落としもの」西條奈加 幻冬舎
叶人は三途の川の前にいる。
まだ体は死んではいないのだ。病院のベッドで何ケ月もいるのだ。
早手違いで、三途の川のほとりにいる。
脱衣婆と懸衣翁がいる。
叶人は、聞き違いで、ダ・ツ・エヴァと県営王と覚えてしまった。
三途の川の渡し守の手伝いをすることになった。
舟が揺れて、地蔵玉が川に落ちた。落ちた球は現世のほうへ行ってしまうのだ。
渡し守ふたりと一緒に現世へ地蔵玉を探しに行くことになった。
捕物帳みたいなもんです。
それぞれの亡者が地蔵玉を川に落とす。現世でなんで死んだかを探すわけです。
「金春屋ゴメス」で物凄い妄想世界を描いたのが、西條奈加のスタートですが
これは小学生が主人公だものなぁ、無茶な妄想には限りがあるよね。
いえいえ、この世とあの世を隔てる三途の川が舞台だもの、じゅうぶんにロマンは広がっております。

読書メーター

広島ブログ

« ブログのコメント欄 | トップページ | 上を向いて歩こう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブログのコメント欄 | トップページ | 上を向いて歩こう »

最近のトラックバック

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31