無料ブログはココログ

« ケニアの武装集団 | トップページ | あまちゃん »

2013年9月23日 (月)

総理の夫

「総理の夫」原田マハ 実業之日本社
相馬日和、鳥類学者です。音羽の御殿に生まれたとは、どこかの政治家を思い浮かべるでしょ。
音羽の御殿の朝食会に講演者として来た若い政治学者に恋し、結婚します。
相馬凜子、妻が国会議員に当選し、総理大臣に指名される。
立場は総理の夫です。
鳥類研究所に通うにも黒塗りの車となり、首相官邸に同居することになります。
あのねぇ、総理の夫とはえらく不自由なもんですね。
サッチャー首相、メルケル首相の夫はどんな気持ちなんでしょうね。(これは私の感想)
妻をサポートしよう。ひたすら妻の負担にならないようにしよう。
相馬首相は消費税増税に邁進します。
同じ陣営だった政界の黒幕は反対します。名前が原久郎(はらくろう)。
解散総選挙に打って出ます。
勝った。第二次相馬内閣は組閣されます。
万事めでたしめでたし。
総理が妊娠します。懐妊しました。
この後、どうなるかは語らないことにします。

言ってしまえば、ハッピーエンドで、悪いひとは一人も出てこない、そういうお話しです。

そうそう、「本日は、お日柄もよろしく」のスピーチライター、久遠久美もちょこっと顔を出します。

読書メーター

広島ブログ

« ケニアの武装集団 | トップページ | あまちゃん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ケニアの武装集団 | トップページ | あまちゃん »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31