無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月31日 (木)

どこへ行ってもカメムシの臭いが

あっちの部屋、こっちの部屋、どこに行ってもカメムシの臭いがする。
靴下の裏に何かがへばりついている。
靴下を脱いで中を見ると
ぎゃ、カメムシ
断末魔の毒ガスを噴出していたのだ。
これでは行く先々で臭いがするわけだ。
カメムシめ、春秋のそれぞれ1ヶ月間はカメムシと共に生活しなきゃならない。
あ~ぁ

広島ブログ

御意

テレビの「ドクターX」で、教授会のボスがなにごとかを言うと
周囲は声をそろえて、「御意」
コメディだからこういう扱いもええけれど
今の世の中で、なんぼなんでも「御意」はないでしょう

「御意」はないとしても、「おっしゃる通りでございます」「大賛成でございます」
「御意」と同じ意味の阿諛追従(あゆついしょう)は普通にあるけどね

広島ブログ

2013年10月30日 (水)

とっぴんぱらりの風太郎

「とっぴんぱらりの風太郎」万城目学 文芸春秋
関ヶ原の合戦も終わって、大阪の豊臣をどのように潰すかその前夜のころです。
風太郎は伊賀忍者から離れたようなまだ支配下にあるような、曖昧な状態です。
南蛮育ちの黒弓、同じ里で育った常世、黒、蝉、味方だったり敵だったり。
おねね様も出てくる、秀吉の政所さまだよね。ふくべ様も、実はこの人秀頼なんだよね。
果心居士、因心居士も出てくる。
大阪冬の陣、夏の陣を駆け巡るお話しです。
風太郎の読みはぷうたろうと読むのだそうです。
万城目学は奇想天外なストーリーテリングの巧者ですが、忍者ものに手を出した。
忍者ものならどんな荒唐無稽が飛び出そうと、それはあり、なんでもOKなんですよ。

読書メーター

広島ブログ

怒る、叱る

我が子の小さいころのお話しです。
子供を怒ると、「怒っちゃダメ」と反撃してきます。
どこかで、怒ることは悪いこと、と刷り込みがあったようです。
そこで
怒っているんじゃない、叱っているんだ
と言い直すと、反撃は腰砕けです。
似てはいるけど、両者は違うのだと判っているようです。

若いおとうさん、おかあさん、子供は怒らずに叱ってやってね。

広島ブログ

2013年10月29日 (火)

玉峰山、雄滝、雌滝2

山頂からの道と合流した。山頂で雌滝に向かう道の道標を見ていたのだ。その道がここで合流するのか。
ここで分岐、直進すると玉峰山荘、その道へ行ってはいけない、明後日の方向へ行ってしまう。ここは左折して雌滝に向かう。
谷底に降りてくる。木橋があるのだが、土砂に埋もれて砂防ダム状態になっている。激流時にはここは渡れないね。
谷に沿って降りて、雌滝に向かう分岐、あれだけ雌滝、雌滝と声高いから、ちょっと寄ってみようか。
へ、小声でへっ、びっくりしたなぁ。雌滝の由縁が判ったぞ。これは雌滝と見立てるのは当然だ。見立てどころかズバリそのものじゃないか。
ここに雌滝があるなら、どこかに雄滝がなきゃならない。
さっき見た雄滝は、パワーは欠けるけれど、それでも雄として取り扱わなきゃならんだろうな。ま、これも苦し紛れの見立てなんだよね。
雌滝の下流には、何段にも折れ曲がった鉄製の梯子が架かっている。
現地で組み立てたのだろうか。重量物を持ち上げ組み立てるのはそんなに安くは請け負えないぞ。
鉄梯子と一緒にあるのが、子滝、孫滝、滝が小さく見えるなぁ。鉄梯子のパワーに蹂躙されてささやかに流れている。
舗装道路に出たぞ。ここから坂道の上の方に歩いて行く。そんなに歩かない。100mも歩かない、数十メートル程度で駐車場までたどりつく。
弁当は車内で食べる。滝の道ではゆっくり休める余地がなかったのだよ。
三本松まではベンチがあった。他にもあった。三本松を過ぎるとベンチなどなかった。先を急がせる雰囲気で、緊迫する道だったなぁ。
さぁ、ゆっくり食事にしよう。

編集が終わりました。新しいページをアップしています。
これは最終ページを抜書きしたものです。

http://sherpaland.net/report/tamamine2.html

広島ブログ

ハガキ職人、メール職人

その昔、ラジオの深夜放送でハガキで投稿する人々をハガキ職人と称しました
現在は、メールで投稿するひとをメール職人と言うでしょうか
言わないよねぇ
深夜放送よりも昼間の放送のほうが普通になって、即、メール、がごく当たり前になったからかしら
ヘビーリスナー、こんな名前で呼ばれるのが普通のようです

広島ブログ

2013年10月28日 (月)

東西南北、東南西北

東西南北、これはとうざいなんぼくと読みますよねぇ
東南西北、トンナンシャーペーと読みます
もちろん、とうなんせいほく、ひがしみなみにしきた、と読むひともいます
わたしは、トンナンシャーペーと読みますが、よめさんはとうなんせいほくと読みました

広島ブログ

2013年10月27日 (日)

就活、婚活、保活

就活、婚活についてはよく知っていますよね
保活、なんのこと?
保育園に入れる競争なんだそうです。
こんなのもありかい。
なんでも活と付ければええ、そんなもんじゃないだろ。
いいえ、これはバトルだと世間に教え、自分を奮い立たせる、魔法の言葉なんです。

広島ブログ

2013年10月26日 (土)

TDR

Tokyo Disneyland のことを、TDR と間違えてやがる、やーい、やーい
RとLの区別ができないのかい。

え、違うの?
Tokyo Disney Resort
正しい会社名はそういうの?
ははぁ、それでTDRなのか。失礼しました。

広島ブログ

2013年10月25日 (金)

ハングル語

当然のことですが、ハングル語などはありません。
朝鮮語、韓国語と言えば済むことなのですが
片方を立てればもう片方が立たず、苦肉の策なのです。
朝鮮語、韓国語と言ってしまえば、政治的な立場もそっちとみなされてしまうのです。
北朝鮮・韓国、両方に共通のハングルを引っ張り出して
ハングル語と言い繕って争いを避けているのです。
ハングルは文字表記の手段で、言葉ではありません。
日本語を、ひらがな語、カタカナ語と言い換えるようなもんです。

ハングル語とは、日本だけが配慮している用語で
中国、ロシア、アメリカなどでは、こんな言い換え=配慮はしていないと思いますよ。

広島ブログ

2013年10月24日 (木)

アーティスト

アーティストとはアートを表現するひと、こういうことでしょうね。
歌手が自分をアーティストと称するのには首をかしげています。
はっきり言いましょう、ちゃんちゃらおかしい。

最近はアーティストもインフレになりましてね。
大道芸人もアーティスト、ショウウィンドウのディスプレイをする人もアーティスト
なんだかアーティストの境界がどんどん広がっているみたいです。

冗談で自分をアーティストと称しているのは、それはそれでありでしょう。
本気で自分をアーティストと思い込んでいるかたがたは、ドウカシテルゼ。

広島ブログ

2013年10月23日 (水)

Value Domain に金を払う

一年単位の契約にしていますので、毎年、この時期に金を払います。
Value Domain に sherpaland.net/ のドメイン料金と、レンタルサーバーの料金を支払します。
毎年、クイズを解くように進めて行かなきゃなりません。
料金を過不足なくクレジットカードで支払う。
ドメイン料金とレンタルサーバー料金はクリックする場所が違います。
ここか、そこかと、探りながら支払いの段取りを進めていきます。

金を払う方が神経を使わなきゃならんのは、どこか間違っているよねぇ。

広島ブログ

達川、ドラ・コーチへ

達川がドラゴンズのコーチに就任したとのことですが
フジテレビ、新広島テレビの野球解説をやっていました。
CSでカープタイガーズ戦にNHKで野球解説していました。
これは全国放送か広島限定か、そこはどうだったんでしょうね。
なんで、どうして、契約違反じゃないか、と不思議に思っていました。
そこで、ドラゴンズのコーチに就任というニュース
そうかぁ
契約が切れるのだから
NHKで野球解説してもええ、ドラのコーチに就いてもええ
こういうことだったんですね。

広島ブログ

生保ビジネス

生保ビジネスと聞いて、何を思い浮かべますか。
わたしは生命保険ビジネスだと思いました。
正解は、生活保護ビジネスなんだそうです。
これはいかんわ。省略しすぎです。
同音異語がある場合、混同させるような省略はいけませんね。

なまほ、一時こういう言い方が見受けられましたが
日本語を劣化させます。
評判が悪かったのか、この言葉、最近は見かけることがなくなりました。

広島ブログ

2013年10月22日 (火)

バックストリート

「バックストリート」逢坂剛 毎日新聞社
現代調査研究所所長・岡坂神策というと、スペインものの長編が思い浮かびます。
始まりはフラメンコからです。
フラメンコのダンサーと知り合いになる。
ハーフで、母親はスペインとドイツの混血、ドイツの血統がキーになります。
ハインリッヒ・フォン・クライスト。
ゲーテと同時代でゲーテを越えようとした作家です。
その子孫に、ヒトラーに反乱を起こした人物がある。ヒトラーに協力した人物もいる。
背景だけ語って、物語の展開は語らないことにします。

百舌シリーズは集英社、御茶ノ水警察署シリーズも集英社、禿鷹シリーズは文芸春秋、世間師シリーズは新潮社
おおむね出版社は決まっているのが通常です。
なのに、岡坂神策シリーズは出版社がまちまち、編集者と共同作業とはなっていません。
逢坂剛の本来の筋はここにあるのでしょうが、ごめん、わたしは他のシリ-ズの方が好きです。

読書メーター

広島ブログ

面倒、面倒くさい

紐の結び目がきつくて解くのに、ええい、面倒だ。

めんどくさい、とも言いますが
人間相手にはかなり複雑なようです。
使われているシチュエイションやコンテキストから察するに
わたしら老年代と若者世代とでは使う場面が違う。

ちょっと違うな、ずれているな、と察するが
違うなら違うでそれでええ、別々の解釈のまま世渡りして行こうかね。

広島ブログ

2013年10月21日 (月)

チャックとは?

ファスナーですがね、ジッパーとも、チャックとも言います。
チャックの語源は巾着=巾チャックから由来した、こういう意見もあります。
旋盤で削る金属をつかむ工具をチャックと言う、ここから来たのだ、という説もあります。
諸説紛々、それぞれ自分が正しいと思っていればええさ。

広島ブログ

2013年10月20日 (日)

シリコンとシリコーン

シリコンとシリコーンは別物なんだそうです。
シリコンは、珪素の結晶で半導体の基材に使います。固体。
シリコーンは、有機珪素化合体で、柔らかくもなり液体にもなります。
シャンプーにシリコーンが含まれいるかいないかという差別化キャンペーンで
ここでやっとシリコーンがシリコンとは別に存在するのだと知りました。

シリコン=silicon
シリコーン=silicone
ちょっと違うだけじゃん。いいえ、大きく違うのです。

広島ブログ

2013年10月19日 (土)

むつかしきこと承り候

「むつかしきこと承り候」岩井三四二 集英社
天竺屋時次郎は薬屋だが、もうひとつ商いをしている。
訴訟のことは公事宿が扱うことなのだが、訴訟の仕方、口のききかたについて教えて手数料を取っている。
奉行所としては差し出がましい行いで、苦々しく、いずれはひっ捕らえる構えでいる。
訴訟には、出入筋、吟味筋とあって、出入筋は金銭がらみの民事訴訟、吟味筋は刑事訴訟と翻訳すればよろしい。
初篇の筋はこういうこと。
焦げ付いた売掛金を回収に行ったところ、先方の内儀と不義密通の現場を押さえた、ということで二人とも殺されてしまった。
不義密通の成敗だからと、殺しのことは無罪放免、売掛金も支払ってもらえない、こういう訴えです。
この訴えのコンサルタントで成功するのだが、それはどういう仕掛けで成功するのかな。
[不義密通法度の裏道]
[白洲で晴らすは鰻の恨み]
[下総茶屋合戦]
[漆の微笑]
[呪い殺し冥土の人形]
[内藤新宿偽の分散]
[根付探し娘闇夜の道行]

読書メーター

広島ブログ

三瓶山、石見銀山、往復(自転車篇)

石見銀山、大森銀山とも言う。幹線道路から離れて、大森銀山へ進む道を行く。
ここが石見銀山代官所跡、大きな権勢を握って権威は相当なものだったものらしい。
代官所跡の隣に中村ブレイスの建物がある。近くに従業員の駐車場があるが、何十台も駐車してある。近隣では高名な勤務先なんですよ。
義肢、装具、人工乳房、人工肛門用装具などを製作している会社です。
エクセレントカンパニーの本を読んで、中村ブレイスが表彰されていることを知りました。こんなどん詰まりの場所にエクセレントカンパニーが、と驚きました。
一度見たかったのです。
観光客の車ではなく、働くひとの車がびっしりと並んでいるのを見ると、気持ちが明るくなります、豊かになります。
観光客が竜源寺間歩めざして歩いている。ここは歩く観光地なんですよ。レンタサイクルもあるからそっちもお奨めしますよ。
ベロタクシーもある。三輪自転車をプラスチック外装で包んで、自転車の漕ぎ手が漕いでいる。近代的なような、前近代的なような、なんともよぅ言えません。
自転車はここまで、ここから先は自転車を置いて歩いて行くこと、とある。引き返そう。
けっこうな人出なんですよ。通ります、通りますと声かけながら人波を分けて行く。普段はあまり歩かないような人も歩いてでも行って見る、健康な観光地でしょ。
一昔前は、バスが通り、排気ガスに悩まされ,擦れ違いに難儀し、振動で緩んで山腹の岩が転げ落ちたんだそうです。それで車両進入禁止になった。
観光客の中には、二度と来ない、と言うひともいるが、おおむね、歩くことを楽しんでいるひとが大部分のようです。

編集が終わりました。新しいページをアップしています。
これは、その中の一部を抜書きしたものです。

http://sherpaland.net/bike/2013/bike-131018-sambe_ginzan/bike-131018-sambe_ginzan.html

広島ブログ

微小な降水量

車のフロントガラスにポツポツと感じる程度
外を歩いていて、顔にポツポツと感じる程度
このような微小な雨はノーカウントなんでしょうね。
観測用の容器に溜まらないと測定できないし
容器の側面に付着する程度で、容器の底まで流れていかないものね。

広島ブログ

2013年10月18日 (金)

各位

グループ員一同に手紙を出すとしましょうか。
あて名に、各位、と書く
各位殿、とは書かない。
そもそも、各位に尊称が含まれているんだそうです。
各位殿では、尊称+尊称で、相応しくないんだそうです。

ということ、知ってた?

ただね、異常に尊称についてトガル関係者がいる場合は要注意です。
自分は目上だと思っていたら、目下から各位と言われるとムカッとするんですって。
先輩後輩、上司下僚、年上年下、常に上に立ちたがる人はいるもんです。
人間関係、時と場合を計算して使うように。

広島ブログ

2013年10月17日 (木)

右手、左手

普通、日常生活で右利き左利きを意識することはありません。

テレビ画面では、なぜか手の動きを追ってしまいます。
食事場面、字を書く場面、道具を扱う場面
なんとなく手の動きをみつめてしまいます。
右利きなのに左利きのような気がして、自分で動きをコピーしてみて
なんだ、右利きなのか
常に追っているわけじゃありませんよ。
ふと気が付くと、視線の先に手の動きがある、その程度のものです。

なんで日常生活では気にならないのでしょうね。
視野、画角が広いか、狭いかの違いかもしれません。

広島ブログ

2013年10月16日 (水)

確証

「確証」今野敏 双葉社
警視庁捜査3課、窃盗スリの盗犯担当なのだ。
宝石店に強盗が入った。続いて近所の宝石店でも盗まれた。
さらに宝石店に泥棒が入った。ここでは人が殺されている。
3課の萩尾刑事は考えた。
強盗犯を教え諭すために鮮やかな窃盗を演じてみせたのだ。
3番目の宝石店は腑に落ちない。人が殺されている。
捜査1課の帳場に3課も呼ばれた。窃盗犯に詳しいからだ。
泥棒の考える筋はわかる。ただ、確証がなぁ。
テレビで、高橋克己と栄倉奈々のコンビのドラマを見ました。
うわぁ、テレビドラマと小説、展開が同じだ。
ページをめくるドキドキがないじゃないか。

読書メーター

広島ブログ

筆禍事件

前の項目で、筆禍事件を犯すかも、と述べました。
筆禍事件といっても、そんなに大それたことではありません。
犯罪に絡むことではないし、過激思想でもありません。
書いた内容によっては、だれかが傷つく、かもしれないということです。
筆禍事件とは言い過ぎでした。
摩擦を恐れて、自粛、自己規制と言い換えたほうが適当かもしれません。
その程度のことです。

広島ブログ

2013年10月15日 (火)

展覧会いまだ準備中

「展覧会いまだ準備中」山中幸久 中央公論新社
大学では応援団にいた男が大学院を経て学芸員の資格を取って、今は美術館にいる。
応援団と学芸員のギャップがちょこちょこクスグリになっています。
先輩の応援団長から絵の鑑定を頼まれた。
羊を描いた絵で、下手なんだが、見ているうちにほのぼの感が湧き上がる絵なんです。
他にも絵があると判ってきた。
繊維会社にある。
羊を描いた侍は、明治維新後、羊毛から繊維一般に手を広げて繊維会社を立ち上げていたのだ。
描かれた絵を全部集めて、展示したいなぁ。
ここの美術館では学芸員の新米・末席なのだ。
がんばれ、企画が通せるまで一生懸命がんばれ。
フレー、フレー、今田弾吉。

読書メーター

広島ブログ

さすがにネタがない

毎日、1話、ネタを提供することを繰り返して来ましたが
とうとう空っぽになりました。

筆禍事件を引き起こしそうなネタもありました。
数日間抱えているうち、問題含みだなと、考え直したものもあります。

ということで、粗選りしているうち、とうとう提出できるネタが尽きてしまいました。

広島ブログ

2013年10月14日 (月)

ざっくり語ると

ざっくり語るとね
そういう出だしで始まったお話しなのに
長いなぁ、どこまで続くんだろう

一部始終を語るとね
こういうお話しの切り出し方だったら
聞かずに逃げ出すことも出来たのに

広島ブログ

2013年10月13日 (日)

あなどる、あざける

これを漢字で書きなさい

侮る、嘲る

ははぁ、こう書くのかい
IMEのちからは大したもんです
自分で書こうとしても出来なかったのに、入力すると変換してくれました

2013年10月12日 (土)

CSで主催者の意味は

日本シリーズはプロ野球機構が主催するので、対戦チームにも分配金がありますが
クライマックスシリ-ズでは、主催球団が入場料収入、放映権収入を全部持っていくのだそうです。
カープはタイガースに勝ち、ジャイアンツに勝っても、収入はなし。

なるほどなぁ
二位にならんとあかんなぁ、一位にならんとどもならんなぁ。
CSは変な仕組みだと思っていましたが、経営的にはこれでええかな。

これでカープがセリーグで勝ち抜いたら
球団は選手に昇給で報いてやらなきゃならんが、原資がまるでない。
えらいことになってしまうよ。

広島ブログ

CSをBSで

NHKの番組宣伝なんですがね
一瞬、なんのことか判らなかった
CSをBSで、この意味は
[クライマックスシリーズ]を[衛星放送]で、こういうこと

CS放送をBS放送で、こんな錯覚をしないように

広島ブログ

登山家、ヤマヤ、山師

登山家、ヤマヤ、山好きの世界に存在します
山師、これは山好きのカテゴリーには存在しません
詐欺師と同じ仲間だったり
鉱山探しの達人だったり
別の世界のひとたちです

広島ブログ

2013年10月11日 (金)

登山家、ヤマヤ

職業の名前なんですがね
登山家というと、登山で飯が食えている印象があります
ヤマヤの場合は、ゼニカネ無縁の清い世界なのかも

プロのような、アマチュアのような、呼び名に
ブログ師、ホームページ職人
これで飯が食えているのか、心意気だけなのか
全然わかりません

広島ブログ

2013年10月10日 (木)

「傷」堂場瞬一 講談社
交番勤務から刑事に引き上げられた。
先輩刑事は怖くて、あまり面倒を見てもらえない。
プロ野球の一流プレイヤーが外野のフェンスに激突して膝を負傷した。
手術はうまくいかず、日常生活にも支障が出るほどになっている。
意識的に手術を失敗したのだと、弁護士を通じて告訴してきた。
一方、新聞記者の遊軍、ベテランの女性記者で、この件の取材をあてがわれた。
新米刑事と新聞記者が情報交換したり、一緒に捜査・取材するようになる。
刑事と記者が連れ立って行動するなどありそうもないお話しでしょ。
無理なくそんなふうにお話しを運んで行く。

読書メーター

広島ブログ

半沢直樹の土下座から

半沢直樹の土下座のシーン
"しまむら"の店員に土下座させる
これらが韓国中国で反響を呼んでいるそうです

そうか、日本では土下座は普通の習慣なのか
トラブルがあったら土下座して謝ってもらおうか

韓国中国でこんな要求を持ち出されないことを願っております

広島ブログ

2013年10月 9日 (水)

増長する

英語の increase の意味なんですがね
増える、増加する、増大する
成長する、この言葉に増の字を加えて
増長する

この言葉は無闇に使わないように

え、使えばどうなるかって
試しにだれかに向かって使ってみれば

広島ブログ

2013年10月 8日 (火)

帝釈峡、中国自然歩道を行く

この先、通行止めの標識がある。柏岩橋、幕岩橋とあるが、どちらかで通行止めなのだそうな。
岩が崩れて遊歩道が閉鎖になったというニュースは知っている。川沿いの道から尾根通しの道にバイパスが出来た、というニュースも知っている。
ニュースの内容は、難路、崖道、みだりに入らないように、そういう方向で報道している。
ここに看板があって
ご注意ください!現在地から「かもじ橋」の区間は傾斜が急な山道になっております。
体力に自信のない方、靴等の装備が整っていない方の通行は困難です。
その区間は、距離2500m、高低差120m
なんだい、高低差120m、そんなもんかい、その程度ならなんちゅうことないさ。ははぁ、観光客を篩に掛けようとしているのだな。それは正解です。
分岐を上の道へと進んで行く。この道はもともと中国自然歩道の道なのだ。
曲がり角で道標があって、この先行き止まり、反転して上へ登って行く道を指示してある。
おやぁ、この道標には、環境省広島県と彫り込んである。環境省の文字が入った道標を始めて見た。
環境省がスタートしたのは2001年のことなんですよ。
落石が頻発するために川沿いの遊歩道を閉鎖したのは1996年、迂回路を整備して、その後、環境省の道標が立った、ということなんですね。

編集が終わりました。新しいページをアップしています。
これは一部を抜書きしたものです。

http://sherpaland.net/report/taishaku_kyo.html

広島ブログ

バイ会談

このところ、バイ会談という言葉が頻発して、なんだなんだと思っています。
二国間の首脳、あるいは閣僚級の会談のことを指すようです。
2001年のころには既にあったようですが、今はなんぼでも出てくる。
-----
2を意味するラテン語の接頭辞「bi-」の英語読み
bilateral
-----
これが出典だそうです。

通訳を介在させない、そういう訳でもなさそうだし、あえてバイ会談という意味がわからない。
たぶんこういうことなんでしょうね
二国間会談の鮮度が落ちたので、目先を変えて、バイ会談と言ってみるか。

あるはずがないのが
トリオ会談、カルテット会談、クインテット会談
ふたり話していると、ほかのひとは置き去りですものね
ただ傍聴している国家首脳などあるはずがない。

広島ブログ

2013年10月 7日 (月)

お礼まいり

A、願掛けが叶ったお礼の参拝
B、やくざの仕返し

どっちを先に思い浮かべますか。
わたしはBのほう

広島ブログ

2013年10月 6日 (日)

猫旅リポート

「猫旅リポート」有川浩 文芸春秋
猫が交通事故に遭って、頼ってきた。
昔飼っていた猫によく似ている。飼い猫にすることに決めた。
5年が経過した。
会社をやめて家を移らなきゃならなくなった。
猫を引き取ってくれる先を探して旅が始まる。
小学校の頃の友達、高校の頃の友達、訪問する。
その当時のことがよみがえってくる。
結局、北海道の叔母の家に本人も猫も世話になることになる。
幸せそうな現在でしょう。
不幸を抱えながら生きてきたのです。
それがなにかはお話しのホネだから、そこは語らない。
有川浩なら突き抜けるような明るいお話しだと思うでしょ。
語り口は明るいが、底は暗いお話しなんです。
図書館戦争のハチャメチャを期待してはいけないよ。

読書メーター

広島ブログ

政治家はぶれない

政治家はぶれないのが立派だ、正しい姿だと言われているようです。

そうかなぁ。
しまった、失敗した、と後悔、反省することはないのですかねぇ。
意固地に凝り固まったまま突き進むのがええとも思えません。

いったん口に出したら、いつまでも蒸し返される因果な商売ですねぇ。
変に言い繕ったり弁解せずに
ごめん、間違った、と大きくぶれるのもありだと思うのだが、いかが?

広島ブログ

2013年10月 5日 (土)

Cateyeの取扱説明書

Cateyeのサイクルコンピューターですがね
電池を替えてちゃんと動いていたんですがね、どうも不調になってしまった。
再度、リセットして再設定し直さなきゃならない。
取扱説明書を求めて、ネットを彷徨いました。
素直に取扱説明書が見つからない。散々探し回ったぞ。

ここからは、私的メモです。また次に電池を交換するとき、手順を覚えておくために。
-----
ダウンロード|CATEYE
http://www.cateye.com/jp/support/manual/

コンピュータ→CC-MC100W ここでPDFファイルをクリック、展開する
----
ごめんなさいね、私的メモにつきあわせてしまって。
身辺雑記、こんなことがあったのかい、と読み流してください。

あのね、サイクルコンピューターとは、名前が物凄いでしょ。
車輪の回転数をカウントして、時間と照合して
走行距離、経過時間、瞬間時速、平均時速、を計算する、そんなものです。
よっぽど凄いものか、と想像していたが、こんなもんかい、ま、こんなもんだろな。

広島ブログ

2013年10月 4日 (金)

言う、の変形

----上品----
仰る(おっしゃる)
宣う(のたまう)
曰く(いわく)
申す(もうす)

----普通----
口にする
言い放つ

----下品----
ぬかす
こく

広島ブログ

2013年10月 3日 (木)

アラブからこんにちわ

「アラブからこんにちわ」ハムダなおこ 国書刊行会
7月には「サウジアラビアでマッシャアラー! 嫁いでみたアラブの国の不思議体験」ファーティマ松本を読みました。
ハムダなおこさんのこの本、メールマガジンから抜き出して編集したものだそうです。
UAE(アラブ首長国連邦)での日常生活がよくわかる。
ラマダーンについて認識を新たにした。
陰暦でラマダーンを決めているから、何月と決まっているわけではないのだ。
しかも、直前になってラマダーンのお告げがある。学校でも会社でも、無条件に従わなきゃならないのだ。
喜捨がついて回る。
ザカード、サダカ、前者は義務的な喜捨、収入・資産の何%と決まっている。
後者は自発的な喜捨、慈善行為です。
ハムダなおこさんはムスリムかどうか書いてない。
ファーティマ松本さんはムスリムに改宗したみたい。
それぞれの本にムスリムやクアルーンについて触れているウェイトが違うからそう思います。
議論をふっかける本ではなく、日常生活のお話しだから、心が曇ることなく読み続けられます。

読書メーター

広島ブログ

琴引山山麓、今度は完全に一周(自転車篇)

最初は自転車をゆるゆる漕いで行けます。道がだんだん谷底から切り上がって行き、かなり尾根近くまで登ってきた。
ここはもう自転車を降りて押して歩かなきゃならない。
アズマヤが見えてきた。和恵展望所なのだ。
さっき琴引山コースの入口に駐車したと述べたが、そこからここまでのコースの名前が和恵コースなのだ。ここの地名を和恵というのだ。
尾根の上だから今度は北側の風景が見える。正面にどーんと見える山は冲の郷山なのだ。
ちょっと登って下り坂、県境の草峠から降りて来た下り坂と合流する。
ただごとじゃない下り坂で、一気に下って行く。ちょうど軽トラが向こうから登ってきた。向こうは減速してくれたが、自転車はなかなかブレーキが効かないのだよ。
およよ、およよで、やっとのことで擦れ違うことが出来た。あれは軽トラに申し訳なかった。自転車がどんどん近づいてくるのだものね。向こうも肝を冷やしたと思うよ。

編集が終わりました。
新しいページをアップしています。

http://sherpaland.net/bike/2013/bike-131002-kotobiki_isshu/bike-131002-kotobiki_isshu.html

広島ブログ

謙る 慮る

謙る 慮る
ふりがなをふりなさい

え、読めない、なんと読むの

へりくだる おもんぱかる

謙遜、配慮
謙虚、慮外者め!

音読みなら、大概判る、んだがなぁ
訓読みは難しい

広島ブログ

2013年10月 2日 (水)

9月に読んだ本

9月に読んだ本は7冊でした。

http://book.akahoshitakuya.com/u/37871/matome

広島ブログ

リスペクト

尊敬するという意味で[リスペクト]を使うひとがいます。
そりゃま、ひとそれぞれだけど、わたしは軽々しく尊敬するなどと言わないよ。
そもそも、こうべを垂れて尊敬するひとがおりません。
尊敬するとは言わないけれど、敬意を払うひとはいます。
でも、この状態に[リスペクト]という言葉は使いたくないなぁ。

リスペクト(配慮)する、こんな表現に出会いました。
そうなのだ、奉るのではなく、一歩下がって配慮する、この状態が[リスペクト]なのだ。

基本は、[リスペクト]だの、[リベンジ]だの、付け焼刃の言葉を使わないことが一番だと思いますがね。

広島ブログ

2013年10月 1日 (火)

一丁目一番地

政治家の用語ですが
かれらは何故[一丁目一番地]という言葉を使いたがるのでしょうかね。
[基本の基本][スタート原点]などと同じ言葉の効果をねらっているのでしょうか。
選挙民には、胸に響く効果はないと思いますよ。

広島ブログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31