無料ブログはココログ

« 筆禍事件 | トップページ | 右手、左手 »

2013年10月16日 (水)

確証

「確証」今野敏 双葉社
警視庁捜査3課、窃盗スリの盗犯担当なのだ。
宝石店に強盗が入った。続いて近所の宝石店でも盗まれた。
さらに宝石店に泥棒が入った。ここでは人が殺されている。
3課の萩尾刑事は考えた。
強盗犯を教え諭すために鮮やかな窃盗を演じてみせたのだ。
3番目の宝石店は腑に落ちない。人が殺されている。
捜査1課の帳場に3課も呼ばれた。窃盗犯に詳しいからだ。
泥棒の考える筋はわかる。ただ、確証がなぁ。
テレビで、高橋克己と栄倉奈々のコンビのドラマを見ました。
うわぁ、テレビドラマと小説、展開が同じだ。
ページをめくるドキドキがないじゃないか。

読書メーター

広島ブログ

« 筆禍事件 | トップページ | 右手、左手 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 筆禍事件 | トップページ | 右手、左手 »

最近のトラックバック

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31